TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/14 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1920491 更新:2013年01月01日

五色百人一首をリーグ対戦で盛り上げる


1 覚え方のコツを教える

「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を 独りかも寝む」→ あしなが

「憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを」→うっかりはげ

「きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかも寝む」→きりころ

など、覚え方のコツを少しずつ教えると、子どもたちは喜んで覚えてくる。
覚えた札を自分の得意札にするのだ。
はじめはとにかく絶対取る1枚を決め、必ず取らせる。
得意な札を1枚つくったら、1枚もとれなかったという子は、1人もいなくなり、必ず1枚は全員がとれるようになるのだ。

2 子どもたちが楽しく取り組むための工夫

梶野修次郎氏の追試で、毎日の試合にはリーグ戦を取り入れている。
1チーム4~6人ぐらいのチームに分ける。
A1対B1、C1対D1、E1対F1のペアで対戦をする。
他の班グループも同様にペアで対戦する。
勝った人は1つ席が上がり、負けた人は1つ席が下がる。

_____

※グループは同じような力の子どもたちが集まるように分けておく必要がある。
そうすることで、同じ子が毎日チャンピオンになり、同じ子にしかポイントが入らないという事態をさけることができる。
子どもたちは切磋琢磨し、リーグ戦が盛り上がっていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド