TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8876191 更新:2012年12月31日

「すずしくなると」 (5/6 )アブラナのたねをまこう


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版

「すずしくなると」 (5/6 )アブラナのたねをまこう

                      TOSSアンバランス福島 大堀 真 

【 準備物 】

1 アブラナのたね。
 (園芸店に行って、ハナナ、もしくはコマツナなどの種を買う。
 なければ、チンゲンサイ、キョウナなどアブラナ科の植物ならOK)
2 教室で観察したいのなら、プランターを用意する。

 所要時間は15分~’

挑発 だいぶ涼しくなってきた。これから花のたねをまいたら今年中に芽が出るかな。
   それとも来年になってから出るかな?

 子どもたちは、来年にならなければ出ないよという。

 ※ アブラナ科の野菜の発芽温度は20℃前後である。これは気温ではない。地温が20℃である。

したがって、10月中なら十分に発芽の可能性がある。
11月になるとかなり厳しいが、暖かい地方では発芽するだろう。

挑発2 じゃあ、ここに、こんな種を持ってきたんだけど、
    植えてみようかな。(と言って、コマツナの種を見せる)

 へえ、こんな小さい種なの?、これ何の種?

挑発3 教えてあげない。でも、これはみんながよく知っている植物だよ。

教えて、教えて、、、 

挑発 だめ、だめ。ひみつ。芽が出たらわかるからね。

と言って、プランターにすじまきする。普通のプランターだと、二列。
同時に、花壇にもまいておくとよい。花壇でも作業すれば、約40分はかかるので、一時間分である。

 コマツナなど食用のものも植えておくと、3月、組替えの前の学級最後のイベントのころに食べられる。!
 (コマツナとアブラゲの味噌汁なんかとてもおいしいぞ)
 
※注 アブラナ科の植物の種は小さくても、発芽率は高い。
 よって、密まきすると、十センチメートルに数十本の発芽をみる。
 極力うすまきに。ようするに、密度を低くしてたねまきをする。一粒一粒が1センチ間隔ぐらいでいいのだが、、

※このページはリンクフリーではありません。リンクについてはお問い合わせください

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド