TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1145163 更新:2012年11月29日

新選組を授業する 武士以上に武士になることを求めた近藤勇


説明1:

厳しい身分制度が定められた江戸時代、「農民」から「武士」になりたいと願った人がいます。 
その人の名を近藤勇といいます。

「知っている」「新選組だ」の声。NHK大河ドラマを見ている生徒が多く、近藤勇や新選組について知っていることを自由に発表させた。生徒の内部情報を豊かにするためである。

発問1:

農民出身の近藤勇が武士になりたいと願ったのは、なぜですか。その理由を予想しなさい。

自由に発表させた。「偉くなりたい」「強くなりたい」という答えが多数を占めた。
近藤が育った江戸郊外の多摩地区には、武田信玄軍団の末裔が住んでいた。彼らには徳川家康から、農業の傍ら江戸を守るように命じられていた。江戸で事件が起きた場合には、自ら刀を持って馳せ参じるという気風が強く残っていた。
近藤が天然理心流4代目を襲名したのは1861年。ペリーの来航によって徳川幕府体制に歪みが生じてきた頃である。
剣術の稽古を終えた近藤は弟子たちと日本の行く末を憂い、議論していたという。
その様子を永倉新八は、その手記に「各々議論、国事を愁える」と記している。

発問2:

近藤の稽古着の背中には、「骨になるまで戦い抜く」という決意を示すため、あるマークが縫いつけられていました。
それは何ですか。

正解は「ドクロ」。農民出身の近藤は、武士以上に武士でありたいと願った。市中警備のために京都に赴いた近藤は、到着直後に「京都の地は危険であるが、命を捨てる覚悟である」という手紙を故郷の友人に送っている。

発問3:

近藤は、誰のために命を捨てる覚悟をしたのですか。

正解は「幕府」である。

発問4:

京都で新選組を組織した近藤は、すぐに制服をつくりました。どんな模様ですか。

京都で新選組を組織した近藤は、すぐに制服をつくりました。どんな模様ですか。

発問5:

ダンダラ羽織は何色をしていたでしょうか。

正解は「浅葱色(水色)」である。
この色は、江戸川柳では田舎侍の代名詞であった。しかし、近藤はあえてこの色を選択した。京都においても初心を忘れず幕府に忠誠を誓うという思いが込められていた。

『仮名手本忠臣蔵』の仮名手本とは、いろは四十七文字である。忠臣蔵四十七士の芝居は、そのいろは歌を下敷きに作られた。いろは歌の中にある「浅き夢」と浅葱を掛け合わせている。そこから、世の中の風潮に浮かれるのではなく現実を直視せよという心意気が伝わってくる。
発問 「ダンダラ羽織」の下には、右のような衣装を付けました。これは、武士が責任を取るために行う儀式に着る衣装です。それは何ですか。
この衣装を「切腹裃」といい、浅葱色をしていた。切腹は武士にのみ与えられた『死の儀式』であり、赤穂浪士たちも切腹の際にはこの衣装をまとっていた。武士として、幕府のために命をかけて戦う覚悟であることをアピールする狙いがあった。

発問6:

新選組の隊旗には、何という文字が書かれていましたか。

すぐに「誠」という答えが返ってきた。
「誠」のつく熟語を発表させた。忠誠・誠実・誠意などが出てきた。
ここで、『武士道』(新渡戸稲造著 奈良本辰也訳・解説 三笠書房)の65ページ、第七章「誠」を読んだ。武士の約束は証文なしで決められ、実行された。武士の言葉は自らの刀にかけて誓った。武士に二言はないのである。近藤の幕府に対する一途な思いが「誠」の一文字から伝わってくる。
近藤は「局中法度」五か条を定め、武士道と組織に忠誠を尽くすことを求めた。

発問7:

この隊規を破った場合、どんな処分が与えられましたか。

正解は「切腹」である。
先祖伝来の家名を守る武士の場合、「切腹」以外にも「お家断絶」「蟄居」「登城禁止」といった処分があった。しかし、守るべき家を持たない新選組は処分を体で受けるしかなかった。幕末の混乱期、これほど厳格な武士道精神を求めた者はいなかった。武士でない近藤の精神的な裏返しといえよう。
ここでNHK『その時歴史が動いた』のビデオを15分間視聴した。生徒視線は画面に集中した。

説明2:

幕末の混乱期、日本の行く末を憂い、自ら武士になることで日本のために行動しようとした近藤勇、そして新選組。
今の日本には、そういった高い志が失われつつあるようです。

ここで3つの資料を提示した。
    1.戦後に行われた総選挙の投票率の推移。
    2.高校中退者の推移。
    3.就職3年未満の退職者数の推移
1は減少、2と3は増加傾向にある。理由は様々であるが、日本の将来を考えると憂うべき事態といえよう。

説明3:

日本の将来を握っているのは皆さんです。高い志を満ち、自らの信念に基づいて行動することが、日本の未来のためになります。
近藤は「誠」を尽くすことに生涯を捧げました。3日後、中学校を卒業する皆さんに期待します。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド