TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/24 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4580357 更新:2012年12月31日

歯の大切さ 『歯を失ってからでは遅い』


歯の大切さ

歯の大切さを軽視する人が多い。「虫歯が痛むので神経を取ってください。」と簡単に要求する患者さんが多い。また、美容目的だけで、簡単に歯を抜いてしまう人もいる。それでは、一時的にはいいのかも知れない。しかし、生涯という点からみると一概にも良いとは言えない。

歯を一度失うと二度と戻らない。歯の疾患の正しい知識と予防への意識を高めることが大切。

どんな優れた被せものでも、自分の天然歯にはかなわない。歯の疾患に悩む人が多いのは、歯の大切さを軽視するがゆえに正しい知識を持たず、治療を先送りにしたり、予防を怠ることが大きな原因と言える。

本時の授業

発問1:

平安時代の絵。 食事をしています。 何に困っていると思いますか?

説明1:

歯がゆらいで、ご飯が食べられないのです。

発問2:

歯のゆらぐ病気知っている人?どんな病気ですか?

歯周病

説明2:

歯周病菌に感染する病気。 ちゃんと治療しないと歯が抜けてしまいます。
最近の研究により、歯周病によって病気や障害を引き起こすことがわかりました。

感想を聞く。

発問3:

歯を健康にするためにどんなことができますか? ノートに書きます。

歯磨き。ちゃんと噛む。

発問4:

お釈迦さま。 手に持っているもの、何に使うと思いますか?

説明3:

ハブラシとして使っていました。 歯を磨くという習慣は、紀元前から始まっていたのです。

発問5:

日本では、いつごろから歯磨きが広まったと思いますか?

説明4:

日本最古の医学書によると平安時代だと言われています。

発問6:

江戸時代。この商人は何を売っているでしょうか?

説明5:

歯磨き行商人と呼ばれ、歯ブラシや歯磨き粉を売っていました。
朝の6時から商売をはじめ、朝から歯を磨く習慣があったそうです。

発問7:

現在、医療が進み、歯のケア用品が増えました。 歯周病の割合、日本人のどれくらいだと思いますか?

説明6:

8割が歯周病。 そのため、高齢になればなるほど歯の数も減っています。

発問8:

なぜ、医療が進んでいる日本で8割も歯周病の人がいるのでしょうか?
考えられることノートにできるだけたくさん書きなさい。

説明7:

間違った歯の磨き方。ストレス。よく噛まないで食べる。
一番の原因が、歯医者に行く習慣がないことです。

説明8:

早期発見なら治せる歯の病気。歯を抜いてしまったら、二度と生えてきません。
これから歯の健康について勉強していきましょう。

参考文献・資料

『スーパー図解 歯周病』 小野善弘 中村公雄  法研
『歯とカラダの本』 笠茂享久 オークラ出版
『専門のお医者さんが語る 歯周病』  新井高  保健同人社
『あなたの医学書 歯周病』 石川列  誠文堂新光社
『歯周病は体中を蝕む』 ライフウエル
『お口の“プロ”とはじめましょう!いきいき健口生活』 8020 推進財団
『食育と子どもの健康 ~食べ方から始める子どもの食育~』8020 推進財団
『歯っぴーパスポート』 長野県衛生部
『こども8020推進員ノート』 長野県衛生部
『歯のこぼれ話 古今東西 歯のコーヒーブレイクタイム』 長谷川正康


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド