TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/01/22 現在)

21377
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2459205 更新:2012年12月31日

黄金の三日間 おすすめする教師の所信表明


 出会いの日にどんなことを子ども達に語るかは大切である。
 クラスがスタートするとき,このときに語った話は,1年間子ども達の心に残る。
 このときに語った話が,一年間を貫く柱となる。
 例えば,「楽しいクラスにしよう」と語ったのならば,子ども達は,それに向かって努力していくはずである。
 だからこそ,教師の願いが明確に示され,子どもに届くことが大切である。
 毎年,語っている所信表明が以下に示す。(原実践は長崎県の伴一孝氏である。)

 先生の名前は,岩田史朗といいます。1年間このクラスの担任をします。
 この教室で,この学級の友達と勉強できるのは一年限りです。一年たったら,どんなにいやでもこの教室をでていかなければいけません。どんなに仲がよくても別れて,中学校に行くのです。だから,この一年はとても大切な,二度とない一年なのです。
 先生は,この一年間二つのことを言い続けます。
 一つは,学校は勉強するところだ,ということ。
 勉強してかしこくなる。りっぱな大人になって,世の中の役に立つ,日本を支えていける人間にならなければいけません。学校はそのためにあるのです。
 もう一つは,みんなは仲良くなるんだ,ということ。
 大勢で一緒に勉強するということは,一人ぼっちで家で勉強することとはちがいます。たくさんの友達の考えを聞いたり,たくさんの友達と考えたりするからこそ,みんなはいっぱいかしこくなれるのです。だから,学校のみんなと仲良くすることが大切です。


10回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド