TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/19 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1331103 更新:2012年12月31日

よくかんで食べよう


説明1:

今日は「よくかんで食べよう」の授業をします。

パンとするめを配る。

指示1:

どちらも1口食べて,飲み込むまでに噛んだ回数を数えて,紙に書きましょう。

発問1:

パンは何回かんで食べましたか。

発問2:

するめは何回かんで食べましたか。

発問3:

パンをするめでは飲み込むまでに噛んだ回数はどちらが多いですか。

するめの方が多い。

現代人と縄文人の顎の絵を見せる。

発問4:

これは現代人と縄文人のあごの骨です。どちらが現代人だと思いますか。

発問5:

どうして現代人のあごは小さくなってしまったのだと思いますか。

食べ物を噛まなくなったからです。

説明2:

これは現在のメニューと縄文時代のメニューです。

発問6:

1回の食事で大体何回くらい噛んでいたと思いますか。

説明3:

答えは,現在は610回,縄文時代は,3990回です。
昔の人は今の約6倍は良く噛んで食べていたと言われています。

発問7:

よく噛んで食べるといいことがあると思う人?

指示2:

そうです。良く噛んで食べるといいことがたくさんあります。
読んでみましょう。

「ひみこのはがいぜ」

指示3:

昔の有名人卑弥呼にちなんでこう覚えておきましょう。
先生の続きを読みます。「ひ」(以下読んでいく)。

「ひ」肥満防止
「み」味覚が発達
「こ」言葉がはっきり

発問8:

「の」は何だと思いますか。

説明4:

「の」は、脳が発達です。
こめかみを押さえます。一度噛んで御覧なさい。
動くでしょう。
しっかり噛むとこのようにして脳に新鮮な血液が送られ,脳が活発に働いて賢くなれます。
みなさんもよく噛んでごはんを食べましょう。

「は」歯の病気予防
「が」ガン予防
「い」胃の働きをよくする
「ぜ」全力投球

説明5:

よく咬む目安は30回と言われます。
これからしっかりかんで食べるようにしましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド