TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1975933 更新:2013年01月01日

「鹿」(村野四郎)の授業


鹿
        村野 四郎
鹿は 森のはずれの
夕日の中に じっと立っていた
彼は知っていた
小さい額が狙われているのを
けれども 彼に
どうすることが出来ただろう
彼は すんなり立って
村の方を見ていた
生きる時間が黄金のように光る
彼の棲家である
大きい森の夜を背景にして

10回以上、読ませる。

発問1:

この詩はいつのことですか。朝か昼か夕方か。書きなさい。

発表させた。「夕方」と全員。

指示1:

証拠に線を引きなさい。

「夕日」に線を引いていた。となりと確認させた。

指示2:

黒板。(楕円を書く)先生が書いたみたいなまるを書く。
     このくらいの大きさ。(指で示す)

発問2:

これ、森とします。
鹿はどこにいますか。鹿がいる場所に○を書きなさい。

書いたら、板書するように言った。
 次のように分かれた。

A 森の中央

B 森の端の線よりちょっと内に入った所

C 森の端の線の内側

D 森の端の線の外側

指示3:

おかしいと思うものを一つ選び、ノートに書きなさい。

A,B,Dがおかしいという対象になった。

指示4:

Aに反対の人、発表しなさい。

次のような意見がでた。

・ 森のはずれと書いてあるから
・ 大きな森の夜を背景してと書いてあるから
・ そこからだと村が見えないから

 これらの意見でA,Bがつぶれた。残ったのはCとD。
 挙手させた。Cが二名。Dが十四名だった。
 理由を発表させていった。

・ 大きな森の夜を背景にして書いてある。背景だから、森が後ろにある。
・ 森の背景と書いてあるから。

 これで、Cがつぶれた。証拠の「背景」に線を引かせた。

発問3:

これはとても難しい。この話は鹿がどうなった話なのですか。
ノートに書いてごらん。

黒板に「鹿が〜〜話」と書き、型を提示した。
 書いた子どもから持ってこさせた。
持ってきた子どもの意見を私が読み上げた。
書けない子どもの参考にさせるためである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド