TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5578567 更新:2013年01月01日

特別支援学級体育「マット・平均台」第7時


第6時で終了だったのですが
プールが雨天のため中止になり
もう1時間行いました。

【第7時】
1 準備運動

2 3分間走

3 場づくり
今回は、平均台だけに絞りました。
前回両方で時間がたりなくなったので
余裕を持たせるためにも平均台だけにしました。

だいぶ協力してマットを運べるようにもなりました。

4 平均台でどんジャンケン
まずは、私ともう1人の担任でお手本。
「お手本やりたい!」
という子がいたので
「じゃあ先生の後ろで2番目をやって」
と対応。

説明1:

平均台にあがり、出会ったらどんと手を合わせてじゃんけん。
負けた方が平均台から降ります。

私がわざとまけてお手本やりたいと言った子を
平均台に上げました。

負けたら次の人があがって進みます。
勝ち続けて向こうのマットに降りたら1点です。

スタート地点とマットの距離を少し開けて
ゴールしやすいようにしました。

だいたいルールが理解できたところでスタート。
それでもボーっとしていて
前の人が負けたのに気づかず
相手がマットまで来てしまう場面も。
それでもわざわざ待ってくれてジャンケンをしてくれる
やさしい子もたくさんいました。

勝ち負けにこだわる子が負けてかんしゃくを起こしましたが
それ以外は楽しんだ様子。

最後片づけてほぼ時間通りで終了しました。

個人技で終わろうとしていただけに
友だちとの交流ができて
どんジャンケンをやってよかったと思いました。

しかし、1つ課題がありました。
それはじゃんけんがなかなかできない子がいたことです。
先生がそばにいてジャッジしていましたが。
相手と同じのしか出せなくてなかなか勝負が決まらないじゃんけんがありました。

6

この実践に対する根本先生のSNSコメントです。

貴重な情報ありがとうございます。
ジャンケンのできないという実態、知りませんでした。
ドンジャンケンの前にジャンケンの指導が入りますね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド