TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1137817 更新:2013年01月01日

特別支援学級体育「マット・平均台」第5時


【第5時】
1 準備運動

2 2分間走
  音楽をかけて、終わったら終了です。
  その後、水分補給。

3 マット
まるたころがりは、だいぶ上手にできるようになりました。
はやく転がっている子には
「ゆっくりかたつむりさんのスピードで」
と声をかけ続けています。
ゆっくり回ることを意識させています。

今日は、
『マット運動の習熟過程』根本正雄編(明治図書)
で紹介されている「2人での横転がり」に
できる子は挑戦させました。

指示1:

2人で手をつないでまるた転がりをします。

先生と子どもでお手本を見せると、すぐに理解してくれました。

3

なかなか上手に回っていました。
左手がまひで思うように動かない子も
手をつないでもらい、回っていました。
とてもたのしそうでした。

まるたころがり→自由にころがり

で行いました。

4平均台
今日は、高い平均台を2つつなげて長くしてみました。
自分としては変化のある繰り返しとして場を設定しました。
子どもたちは楽しそうに歩いていましたが
この場の設定はよかったのか不安です。

4

場の設定に時間がかかってしまい
練習時間は少ししかとれなかったことが悔やまれます。

この実践に対する根本先生のSNSコメントです。

「2人での横転がり」、上手にできたとのことでよかったです。
一人ではできない子供も二人だとバランスがとれてうまくいきます。
平均台慣れてきたら、ドンジャンケンをしてみてください。

この実践に対する黒木先生のSNSコメントです。

知的障がい特別支援学校で体育の授業を担当したとき、
待つということはあまり好ましくはなかったですが、
バスケットボールのショートなど、どうしても待つ必要のあるもので、
それが苦手な子に対して、フラフープに入って待つ練習をしたことがあります。
なかなか有効でした。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド