TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/18 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1408801 更新:2013年01月01日

【授業づくりのQA】歌う時に、音程がとれない子にどう対応するか


発問1:

音楽の時間などに歌うとき、なかなか音程の取れない子どもがいます。
どのように指導していけばよいのでしょうか。
 

Aその1

これもそうですね。
英語の歌かなんかやったときに、同じ音程のとこが歌えなかった。いいんじゃないですかね。
それはやっぱり3歳とか2歳とか1歳とか遡らないと解決できない部分もありますから。
どうでしょう。
【回答者 根本直樹】

Aその2

私6年生なんですけど「音程合わなくても気にしなくていいよ」って言っています。
6年生にもなると、大きな声出すの恥ずかしいとか自分の音程合ってないとか分かるようになってきますから。
とにかく楽しめればいいんだってんで、点数付けていきます。
「恥ずかしがっていたら減点だよ」とか。
ただあんまり高学年になると、1人1人何点何点て言わない方がいいかもしれないですね。
2人でいくつだとか。
さっきのビデオも最初は1人ずつだったんですが、まずはグループごとグループごと。
じゃ次2人ずつ2人ずつ。
だんだんできそうだなーって段階を踏んでいって、最後1人ずつ1人ずつとやります。
あとさっきかけたCDですが、歌も入っています。
ですから最初分からないときは、その音がバーッと流れるように聴こえてきてその音に重なるようになんとなく歌っていって、「あー上手になってきたね」と言う。
それに、もしかしたらちょっとしか歌ってないかもしれないけど、「全体的には聴こえるようになってきたね」って言う。
あとはテストかなんかでその子がどうしても歌わなくちゃならないようなとき。
「あー、みんながとても静かに聴いていたからね。聴こえた人?すごくいい雰囲気だね、みんなね」なんていうことを言ったりはします。
【回答者 野崎史雄】


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド