TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/15 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6948037 更新:2012年11月30日

黄金の三日間 1日目の語り


0.事前準備

説明1:

黒板に以下のように書いておく。


どりょくをつみかさねるクラス
うそをつかないクラス
まちがえをおそれないクラス
えがおですごすクラス
なんどだってちょうせんするクラス
おとこのことおんなのこがなかのいいクラス
とにかくたのしくクラス

1.自己紹介

説明2:

今日からみんなの担任になりました。
先生はこんなクラスを創りたいと思っています。
最初のお勉強です。読んでみます。(板書を追い読みさせる。読み方を褒める。)
これ、実は秘密があります。
気付いた人?(手の挙げ方を褒める。)
先生の名前が隠れてるんだ。
気付いてたって人?(褒める。)
堂前直人って言います。
みんなで言ってみるよ。(どうまえなおと先生)
これから1年間、素敵なクラスを創っていきましょう。

2.子どもの名前を呼ぶ

説明3:

先生、みんなと会うのが、とっても楽しみだったから、みんなの名前を覚えてきました。
名前を呼ばれたら、返事をしてください。
はい、堂前先生って返事をしてください。(子どもの名前を呼んでいく。アドバルーンは確実に叩く。)

3.学校に来る目的

説明4:

みなさんと素敵なクラスを創るために、大切な話をします。
一番いい姿勢をしなさい。(姿勢を褒める。)
まず、なぜ学校に来るのか、ということです。
これは2つあります。
1つは勉強をするためです。
みんなには、たくさんの可能性がある。
でもその可能性は宝石と一緒だ。
磨かないと輝かない。
だから学校で、勉強して、その可能性を磨くんだ。
もう1つはお友達と仲良くするためです。
仲良しの人と仲良くするだけなら、家でもできる。
あんまりお話したことのない人、この人苦手だなぁと思う人、そういった人と仲良くするために、みんなは学校に来るんです。

4.方針

説明5:

この1年、みんなにはたくさん成長してもらいたいと思います。
たくさんできることを増やしてほしいと思います。
先生はそのためにいろんなことを教える。
でもこれは先生だけが頑張っても駄目だ。
みんなが努力しないといけない。
みんなが挑戦しないといけない。
そのために、大事にしてほしいことがある。
学校は間違えるところだ、ということです。
人類は間違える中で、発展してきた。
電球を発明したエジソン。
エジソンはおよそ10000回の失敗をして、この電球を発明した。
たくさんの失敗があったから、電球ができたんだ。
だからみんなもたくさん挑戦しなさい。
たくさん間違えなさい。
その中でみんなに力が付いてくるんだ。

5.方針を授業で示す

説明6:

黒板に0と書く。

0です。
0にはどんな意味がありますか。(指名する。)
手を上げた人、たちなさい。
すばらしいです。
これが挑戦するということです。
手を挙げなかった人は、なんだそんなことか、と思ったかも知れない。
でも、ここで手を挙げたのと、挙げなかったのでは、100点と0点くらい違う。
手を挙げなかった人は、間違えたらやだな、かっこ悪いなって思ってるんだ。
そういう気持ちが君たちの成長を邪魔してるんだ。
0には、まだ他にも意味がある。
なんでもいいから思いついたことを言ってごらん。
今、手を挙げている人、立ちなさい。
すばらしいです。立派です。
そうやって人間は成長するんだ。
他には、例えばスタートの意味がありますね。

6.叱る原則

説明7:

最後に、先生が怒る時のことを話しておきます。
2つあります。
1つ目は、命にかかわることをしたときです。
2つ目は、人に迷惑をかけたとき。
特に、いじめは絶対に許しません。
地獄の奥底までだって、追いかけて行って、怒ります。
この2つの時、先生は本気で怒ります。
それ以外の時は、あんまり怒りません。
みんなで楽しいクラスを創っていきたいな、と思います。

参考文献
教え方のプロ・向山洋一全集4 最初の三日で学級を組織する


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド