TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/17 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2788785 更新:2012年12月31日

暗算で計算しよう  ひき算   P.59 


今回の基本型は、あえて『あかねこ計算スキル』4と同じ形にした。
見た目、子どもには難しそうだ。例えば22-6に分解しても、22-6が
すぐにできない子がいる。たし算の基本型と同じような基本型が
考えられるが、 スキルになると、違う解き方では子どもが混乱するからだ。 

1.「□2。女の子がイチゴチョコとあめを持っています。」
  「イチゴチョコはいくらですか。」(52円)「あめはいくらですか。」(36円)
  「女の子が言っています。どっちがいくら高いかな?」
  「どっちがいくら高いかわかる式を書いてごらんなさい。」

2.式 52-36 「この問題は簡単ですね。教科書に書いてある。」
3.「この計算をする方法は3つあります。
  「1つは暗算です。頭の中で計算 します。52-36やってごらん。 」上位の子だけが手をあげる。
  「16だ。でも、頭の中だけで計算するのはちょっと難しいですね。」
  「もう1つは、さくらんぼの暗算です。 さくらんぼ暗算を書きます。先生と同じように書きなさいね。」   

基本型   52-36=16←-------
             /\              |
            30  \  52-30=22 |
                 6  22- 6=16-
  これをこう読みます。
  「52-36は、36を30と6に分ける。
  52-30=22 22-6=16 答え16です。」   読む練習。
  そして、もう一つは筆算です。これが一番早くて間違いがないかもしれない。
     52
    -36    計算してごらんなさい。16ですね。このように3つのやり方があります。

4.サッカーボール①。(1)~(4)をノートにやります。これをさくらんぼ暗算と、筆算でやってごらんなさい。
   上と下を3行あけます。 1ページ2問です。 ミニ定規を使うんですよ。

5.個別指導。なかなか書けない子がいる。赤鉛筆で薄く書いてやる。

 (1)  85-13=72←--------   一番遅い数人は、さくらんぼ暗算だけやらせた。
         /\                |
        10  \  85-10=75   |
             3  75- 3= 72 --

6.早く書けた8名に板書させる。さくらんぼ暗算と筆算を書く。習った通りに読ませる。 遅い子に写させた。
7.昨年度は、次のような基本型で実践した。

昨年の基本型
 (1)  85 - 13=72←-------
     /\   /\              |
    80   \ 10 \   80-10=70 |
         5     3   5- 3= 2 |
                   あわせて 72-

こちらの基本型はたし算と同じ形だから、書きやすい。 難しいのは41-26のように、
    くり下がりがある問題。 引けないので、きれいな大きな×を書いて書き直させた。
    これは時間がかかった。もともと暗算はそんなに重視せず、 「分からなければ筆算で解く。」
    がスタンスだ。 そこで『あかねこ計算スキル』と同じ基本型で解かせること にした。両方とも
    一長一短という感じだ。結論:繰り下がりのあるひき算の暗算は難しい。筆算させるべき。

8.あかねこ計算スキル4 「ちょっと分からなければ筆算でやりなさい。筆算は消さずに残しておくのですよ。」  


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド