TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/11 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4101522 更新:2013年01月01日

「町工場の星」岡野工業に学ぶ


説明1 東京の下町にある小さな町工場が今、世界中の注目を集めています。
     社長の岡野さんが得意としているのは、金属の板をプレスして筒のような形にする「深絞り」という技術です。

発問1:

発問1 岡野さんのこの技術で「あるもの」がとっても小さくなりました。「あるもの」とは何でしょう。

指示1 分かったところでノートに書きなさい。

ヒントを見せる。(1)電池のケース (2)リチウムイオン電池  (3)20年前のショルダーフォン
 正解は「携帯電話」

説明2 岡野さんはこの電池のケースを1つ5秒で作ることが出来ます。

発問2:

発問2 10年前、ケース1個はいくらで売れたでしょう。
      ア 8円  イ 80円  ウ 800円

正解は800円 1分間に12個 (9600円)

説明3 岡野さんにしか作ることが出来ないから、こんなに高い値段でも売れたのです。

発問3:

発問3 岡野さんは現在、日本中のケースの何%くらいを作っているでしょう。

指示2 予想してノートに(  )%と書きなさい。

 聞いていく。50%以上 以下 (少ない方へ) 10%以下 それ以下を聞く。
 正解は 0% 今は作っていない。

説明4 岡野さんはせっかく実用化したこの技術を、機械もノウハウもすべて他人に売ってしまいました。

発問4:

発問4 岡野さんは苦労して実用化した技術を、なぜ売ってしまったのでしょう。

聞いていく
「正解は…後で分かります」

発問5:

発問5 岡野さんは、他にどのようなものを作っているのでしょう。
     ア マイクの網
    イ 燃料電池のケース
    ウ ステルス戦闘機の部品

正解は「全部です」

説明5 岡野さんはこう言ってます。

これだけやってりゃ一生食っていけるなんて「技術」はない。
今はうちだけしか出来なくても、3年もたてば研究されて他の所でも出来るようになる。
値段も下がり、儲けが無くなる。そうなる前にうちは、
10年後20年後の新しい技術を開発する。

説明6 現在、岡野さんが取り組んでいるのは、テルモという医療品メーカーから依頼された注射針です。

発問6:

発問6 岡野さんしか作れない、その注射針とはどんな注射針でしょう。

正解は「刺しても痛くない注射針」蚊の口と同じ太さだから痛みを感じない。

指示3 今日の授業の感想を書きなさい。  


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド