TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/19 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2770600 更新:2013年01月01日

カイコの飼育(孵化編)


全員が飼育できる優れた生物教材

授業時間がほとんど不要。でも毎日子ども達が世話をできてしまう優れた生物教材。

◎カイコの卵と餌の入手は以下にご相談ください
(九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門システム生物学講座 昆虫遺伝子資源学分野)

1日目(5/10) 孵化への驚き!飼育開始

卵の付いた画用紙をハサミで切り取り、班毎に分配する。歓喜と嫌悪の絶叫から始まったカイコの飼育だった。うまくいったのが、冷蔵庫で孵化を寸止めしていた卵を子ども達に渡したことである。すると、ねらい通り、観察しているうちに卵を食い破って出てくる瞬間を子ども達にみせることができた。

孵化の瞬間を観察させることができた。

観察している間に、子ども達が、カイコの負荷の不思議さに熱中してきたのが分かる。
だから、この場合はすぐに、クワの葉は子どもに渡さない方がよい。その方が観察しやすい。そして、ある程度観察した後に第二ステップとして、クワの葉を与えるのがよいだろう。観察をツーステップにするのがコツだろう。

【指導したこと】
1 最初は班で飼育(そのほうが飼いやすい。)
2 幼虫後半から1人2匹で飼うこと。
3 登校したら餌をやること。
4 餌は虫の上からのせて、自力で移動させること。
5 餌を乾燥させないように、ふたをすること。
6,病気などの心配はない。

女の子が、とても楽しそうにしていた。「朝、カイコのために早く来るんだぞ。」
学校に来るのが楽しみになる子が増えるといいと思う。

【事前準備物】

1 カイコの卵(半分は既に孵化したもの) 2000個
2 クワの葉
3 プラスチックの弁当箱(100円で10個)
4 教科書 
5 飼育プリント(図書室の一般的な本のコピー)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド