TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2700049 更新:2013年01月01日

指導要録のマスに間違わず、書く方法


「せっかくここまで書けたのにー!」と、たった一カ所間違えただけで、「全部書き直し!」ということはありませんか。
 私がそうであった。
 指導要録のマスに、「間違えずに書く方法」を同僚から教えてもらった。

準備物  過去に失敗した「いらない指導要録」1枚

説明1:

指導要録の「評定」、「単位数」を記入する。
例えば、「国語表現」に「5」。単位数に「3」を書く。
それを何十人と入れていくうちに、『「現代文」のマスに入れてしまった。』というようなことが起こる。
それが原因で全部、書き直しということが起こる。
それを防止する。

図1
Sidou2

指示1:

いらない指導要録1枚を使う。記入する「項目」に、マーカー等で印をつける。(記入する項目すべてにマークする。図2)

指示2:

記入する枠を切り抜く。(図2)

図2
Sidou4

指示3:

図1の上に図2を「ピッタリ」重ねる。(図3)

図3
Sidou3

指示4:

一人一人、「ピッタリ」重ねて書いていく。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド