TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/17 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8612794 更新:2012年12月31日

二重被爆~山口彊さんの生き方から不撓不屈の心と行動することの素晴らしさを学ぶ~


山口彊さんは、広島と長崎で2回にわたって被爆した「二重被ばく者」の1人であり、2度の直接被ばくが初めて認定された人物である。
重い内容ではあるが、沈んだ感じになるのでなく、テンポよくキーワードを捉えさせながら、授業を進めたい。
ただ、「かわいそう。」とか、「戦争は恐ろしい。」という感想になるのではなく、「行動」という言葉を使って感想をまとめさせることにより、主張に迫る授業にしたいと考える。

説明1:

山口つとむさんです。
山口さんは、
「どうしてもやらなくてはいけないことがある」と言って、
ある「行動」をしました。

発問1:

突然ですが、いくつの時だと思いますか?
(何人か指名)
〇才ぐらいかなと思う人。
それよりも、下だと思う人?
上だと思う人?
答えはまだ秘密です。

発問2:

山口さんは、とても大変な経験をした方です。
どんな経験だと思いますか。
写真をヒントに考えましょう。(広島の原爆雲と原爆ドームの写真)

(指名した答)
原爆を経験した人

説明2:

1945年、広島に原爆が落とされました。
山口さんは、爆心地近くにいて、大やけどを負ったのです。
このことを「被ばく」と言います。
言ってみよう。「被爆ばく」(*動画①を見せる)
そして、山口さんは、もさらに、大変な経験をしました。

発問3:

どんな経験でしょう。
また、写真をヒントに考えて。(長崎の原爆雲と長崎の平和の像の写真)

答え 長崎の原爆も体験した人?

説明3:

山口さんは、出張で広島に来ていました。
大やけどを負いながらも、家族の待つ長崎になんとしても帰ろうと
必死で戻ったのです。
広島に続き、長崎にも原爆が落とされました。2度目の被ばく。
このことをこう言います。
言ってみよう。「二重被ばく」(*動画②を見せる)

指示1:

ここまでで、思ったことを書きましょう。

説明4:

そして、山口さんは、
あるとてもショックなことをきっかけとして、
「国内でぼやぼやしては、いられない」
このように思い、やはり「行動」をしました。

発問4:

こう思ったのは、山口さんが
何才の時でしょう。
(何人かに聞いた後)
〇才ぐらいかなと思う人。
それよりも、下だと思う人?
上だと思う人?
この答えも秘密です。

説明5:

あるとてもショックなこととは、
息子さんの死でした。
山口さんの息子さんも、
生まれてまもなく、長崎で被ばくしました。
ずっと元気で暮らしていたのですが、
60才を前にして、ガンになり急に亡くなったのです。
原因は、やはり被ばくでした。
(*動画③を見せる)
山口さんは、ずっと、二重被爆のことを語らず、
ひっそりと暮らしてきました。
忘れよう忘れようとしてきました。
でも、息子さんの死をきっかけにして、
考えが変わりました。
「どうしてもやりたいことがある。」
「国内でぼやぼやしてはいられない。」
どちらも、山口さんが同じ年に「行動」したのです。
年齢 90才。

発問5:

山口さんは、どんな「行動」をしたと思いますか?
(何人か指名)

発問6:

(動画④を見せる)
山口さんは、どんな「行動」をしましたか?

答え
国連で、核兵器をなくすこと、世界平和を訴えた

指示2:

どう思いましたか?思ったことを書きましょう。

説明6:

山口さんの行動は、まだまだ続きます。
91才の時。
長崎を訪れたアメリカの高校生たちとの交流会。
原爆の体験を語り、核兵器の恐ろしさを知らせました。
(*動画⑤を見せる)
92才になって、山口さんも自分がガンだとを分かると、
ある人に手紙を書きました。
(*動画⑥を見せる)
「タイタニック」や「アバター」などを作った
ジェームズ・キャメロン監督。
次回作が「原爆」をテーマにしていると知って
自分の体験が生かしてほしいと思ったからです。
半年後、キャメロン監督は、来日し、山口さんに会いに来ました。
(*動画⑦を見せる)

説明7:

キャメロン監督は、言います。
あなたの思いは、私が受け継ぎます。
「核兵器は二度と作ってはいけない」
というメッセージを
世界平和を訴えるメッセージを私の映画で送り続けますと。
山口さんは、自分の行動についてこんなふうに言っています。
「核兵器をなくすこと
 世界平和を訴えるために
 私は、生かされていたのだ」と。
「私の『使命』だったのだ」と。

指示3:

授業の感想を、
「行動」という言葉を使って、まとめなさい。

〔参考文献〕「ヒロシマ・ナガサキ二重被爆」朝日文庫 山口彊著 /「生かされている命 広島・長崎「二重被爆者」、90歳からの証言」 山口彊著 講談社/「放射線の世界2008」 日本原子力文化振興財団/「身近な放射線の知識 放射線医学総合研究所編 佐々木康人著 丸善株式会社」/「知っていますか?放射線の利用」岩崎民子著 丸善株式会社/「わかりやすい原子力発電の基礎知識 榎本聰明著 オーム社」/「脱 2010年の危機」 共著今井隆吉 ウィリアム・F・マーチン (社)日本電気協会


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド