TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/02/28 現在)

21375
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6885760 更新:2012年12月31日

行動を整え、生活を落ち着かせる


 学級が落ち着かなくなる時期が学期のうち、何度か訪れる。
 1学期であれば6月、2学期であれば10月、11月など。
 落ち着かなくなる初期段階として、生活が乱れてくる。

 学校全体も同じことが言える。
 生徒指導担当として、ある時期に行動を整えることを提案した。
 以下の3点である。

 1 服装を整える。(シャツを入れる)
 2 持ち物を整える。(忘れものをしない)
 3 時間を守る。(開始時には席に座っている)

 形を整えることで、生活が落ち着いたものになる。

 例えば、2学期の始めは、夏休みからのモードチェンジに時間がかかり、どうしても落ち着かない時期である。
 また、運動会がある学校では、上記の3点について、おろそかになってしまうことが目立つ。
 そんなときだからこそ、形を整え、心も整えることを大切にしたい。

 サッカー日本代表の長谷部誠選手は、著書「心を整える〜勝利をたぐり寄せるための56の習慣」(幻冬舎)にて、ルーティンワークの大切さを説いている。
 日常生活での自分の過ごし方が、大事な試合、サッカーの結果に表れるというものである。
 以下に引用する。

「心をメンテナンスする」「心を整える」ということ。
 僕はそれを常に意識して生活しています。
 常に安定した心を備えることによって、どんな試合でも一定以上のパフォーマンスができるし、自分を見失わなくてすみます。
                    引用:「心を整える〜勝利をたぐり寄せるための56の習慣」(幻冬舎)

 このような子どもたちでも知っている著名人の言葉などを、指導の際に紹介することでぐっと心に響く。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド