TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/24 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6174424 更新:2012年12月31日

ピート・グレイに学ぶ「あきらめない心」


ピート・グレイの生き方

発問1:

今から言う人の共通点は何でしょう? 分かったら手を挙げます。「イチロー」「松井秀喜」「松井稼頭央」・・・

・メジャーリーガー

説明1:

日本人もあこがれるメジャーリーグ。アメリカの野球少年たちにとっても、当然あこがれの舞台です。今日は、アメリカでメジャーリーグをめざした1人の少年の話をします。

説明2:

その少年は、「メジャーリーグの舞台に立ちたい」という夢を持っていましたが、ある問題がありました。

発問2:

野球をするのに必要な動作は何ですか?

・投げる
・打つ
・走る
・捕る

説明3:

少年は、投げる、打つ、走るという動作が、ほとんどまともにできませんでした。捕ることだけは何とか普通にできましたが、それ以外はとても下手くそでした。

発問3:

あなたが少年の友達だったら、彼にどんな言葉をかけますか?

・あきらめないで努力すれば大丈夫
・別の道を選んだ方がいいよ

発問4:

彼のお父さんは、どんな言葉をかけたと思いますか?

説明4:

「あきらめるな! 人間、やればできる!」と言いました。

説明5:

彼はその言葉を信じて練習を続けました。でもなかなか上達しません。野球教室に入っても球拾いばかり。高校の野球部でもがんばって練習を続けましたが、プロからの誘いは全くありませんでした。

説明6:

プロチームの入団テストも受けに行きました。しかし、入団テストを受けることさえ断られてしまいます。

発問5:

そこで彼は、ある球団のオーナーに直接会いに行って、ある物を渡して入団させてくれと頼みました。何を渡したのでしょうか?

・練習でボロボロになったグローブ
・日記
・お金

説明7:

彼はオーナーにこう言いました。「これが僕の全財産です。もし活躍できなかったら、これをすべてお渡しします」

説明8:

彼の熱意に押されたオーナーは、彼の入団を認めました。

発問6:

プロになったと言っても、メジャーリーグではなく、その下のマイナーリーグです。彼はマイナーリーグで活躍したと思いますか?(挙手で聞く)

説明9:

彼のマイナーリーグでの成績です。

・打率 3割3分3厘
・ホームラン 5本
・盗塁 68
・マイナーリーグMVP
1つずつゆっくり見せていくと、驚きの声が上がる。

発問7:

彼の活躍が認められて、メジャーリーグまであと1歩というところまできました。お父さんは、彼にどんな言葉をかけたと思いますか?

説明10:

「あきらめるな! 人間、やればできる!」と言いました。

発問8:

そして2年後、ついにあこがれのメジャーリーグの舞台に立つことができました。その初打席。1球目・・・ストライク! 2球目・・・ストライク! そして3球目・・・どうなったと思いますか?

・ホームラン
・ヒット
・ストライク3振

説明11:

3球目は・・・ストライク! 3振でした。

説明12:

ところがその時、見ていた観客が全員総立ちになって、彼に大きな歓声と拍手を送ったのです。

発問9:

お客さんは何に感動したのだと思いますか?

・思いっきりバットを振ったこと
・彼が病気で、それが最初で最後の打席だったこと

発問10:

彼の写真です。何か気づいたことはありませんか?

・右腕がない

説明13:

彼は、6歳の時に事故で右腕を切断しました。それでもメジャーリーグへの夢を持ち続けて努力してきたのです。彼が、走ったり、打ったりするのが下手だったのは、右腕がなかったからなのです。

説明14:

打つときには左腕だけでバットを振るので、普通の人の何倍もの筋力が必要です。

発問11:

守備の時はどうしたと思いますか?

何人かに聞いてみる。
実際に動作をさせてみると、いろいろ出て盛り上がる。

説明15:

彼は、ボールをグローブで捕った瞬間、そのボールを軽く投げ上げ、グローブを投げ捨てます。そして落ちてきたボールを素早くつかんで、送球するのです。

説明16:

捕ったボールを投げるというだけでも、彼には人並み以上の努力が必要だったのです。

発問12:

もう一度聞きます。お客さんは何に感動したのだと思いますか?

・片腕がないのにメジャーに出るくらい努力したこと

説明17:

彼の名前は「ピート・グレイ」と言います。彼の残した言葉です。

勝利者は常に○○○○○○

発問13:

「○○○○○○」に入る言葉を考えて書きなさい。

指示1:

「勝利者は常にあきらめない」が、彼の座右の銘でした。授業の感想を書きなさい。

自分の目標

説明18:

中学校生活が始まって1ヶ月。学年目標、学級目標も決まりました。今日は、自分の個人目標を考えてもらいます。

説明19:

目標には2種類あります。「○○に向けてがんばる」という方向性を示す「努力目標」と、「○○できるようになる」という「到達目標」の2種類です。「到達目標」の方が、あとから振り返って達成できたかどうかの自己評価がしやすいので、できるだけ「到達目標」を書くようにしましょう。

色画用紙を切った短冊を配って書かせる。
部活動が本格的に始まった時期だったので、部活に関する目標が多かった。

努力曲線と成長曲線

説明20:

努力というのは、やればやっただけ成果が表れるというものではありません。努力の量は正比例で増えていきますが、その成果は、初めはほとんど表れません。1週間、死にものぐるいで努力しても、1週間前の自分とはあまり変わっていないように思えます。

黒板に図を書きながら説明する。

説明21:

しかし、毎日毎日努力を続けていくと、ある日突然、その成果がグンと表れる時期が来ます。努力の成果は、直線ではなく曲線で表れるのです。成果が表れるまでの時期は、とっても苦しいです。努力しても努力しても、成長していない気がして、くじけそうになります。でも、ある時期が来ると、一気に成長するのです。

「努力のつぼ」の話も以前にしていたので、そのことも交えて話した。

説明22:

成果が表れるまでの目安は、100日、あるいは100回です。100日努力を続ける、100回挑戦する、そうすると、目に見えて成果が表れてきます。勉強も同じです。1週間や10日がんばったところで、成績は上がりません。100日努力を続けるのです。そうすれば、必ず成績に表れてきます。

以前の勤務校(小学校)で25m泳げなかった子が「100回挑戦」する中で泳げるようになった話もした。

説明23:

あきらめないで努力を続ければ、必ず目標は達成できます。一緒にがんばっていきましょう。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド