TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/25 現在)

21599
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6483313 更新:2012年12月31日

金融と銀行「お金の歴史」


指示1:

これから漢字には共通点があります。共通点をノートに書いたら持ってきなさい。

板書:次 任 才 世 反 曽 代
ヒント:貝

発問1:

これらの漢字は全て経済活動に関する漢字です。貝の字が使われているのはなぜでしょうか?

発問2:

貝を使う前はどうやってほしいものを手に入れていたのですか?

(物々交換)

発問3:

物々交換で困ることは何ですか?

ノートに書かせ、隣と相談させる。
生徒にほしいものを聞いて、先生のボールペンと交換しませんか?などと聞いても良い。
物々交換では自分が欲しいものと相手が欲しいものが一致しないと交換がうまくいかない。だから、貝を使うようになった。貝の他にも石が使われた。

発問4:

貝や石を使うと困ったことが起きました。何でしょうか?

これも隣と相談させる。
石は重い、貝は壊れる。また、価値を高めようとすると大きくしたり、数を増やさないといけなくなる。自分で作れたり、拾って増やせてしまう。価値が安定しない。
だから金属を使うようになった。その中でも金が一番使われるようになる。

発問5:

現在、金は1グラムいくらでしょうか?

4480円である。ちなみに銀は89円である。(2011年11月)

発問6:

困ることは何ですか?

(価値が高すぎて、安いものを買う時に大変)
だから銀や銅も使われるが、そうなるとやはりかさばり、重くなる。

指示2:

それらの問題を解決するために何でお金を作るようになりましたか?漢字一文字でノートに書きなさい。

(紙)

発問7:

1899年に発行された紙幣です。何円札ですか?

和気清麻呂が肖像画になっている紙幣の画像を提示する。(本物があれば、本物を提示した方が良い)拾圓が十円であることを解説する。

指示3:

ただの紙切れが十円分の価値を持っている証拠に印をつけなさい。

十円分の金と交換できると書かれている。これを金本位制と言う。

発問8:

金と交換できるとどんなことに困りますか?

発問9:

今まで人類が使ったことのある金は東京ドームいくつ分でしょうか?

(ダイアモンド一つ分)

発問10:

みんながお札を金と交換しに来たらどうなりますか?

だから、今のこの金と交換できません。

発問11:

一万円を一枚作るのにいくらかかるでしょうか?

(20円)

発問12:

なぜ、20円でつくれるものに一万円の価値があるのですか?

これは前時の授業で確認済みである。信用があるからである。その信用を生み出しているのが、日本銀行である。
教科書(東京書籍)の129ページを読んでここまでの流れを確認する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド