TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7356455 更新:2013年01月01日

【外国語活動のQA】アクティビティとゲームの違い


発問1:

アクティビティとゲームは違うのですか。

詳しいQ

よくアクティビティという言葉を耳にします。
それは英語を使った簡単なゲームとは違うのでしょうか。
もし,ちがうのならどんな違いがあるのでしょうか。

A  違いは、「競争と勝敗の有無」

アクティビティとゲームには、明確な違いがあるのです。
それは「競争と勝敗の有無」です。

ゲームもアクティビティも「学習定着」のためのものであることは共通です。
しかしゲームは、実演練習しながら勝負をする。
アクティビティは実演練習である点は同じですが、勝負はさせません。

ゲームの場合、子どもたちは勝つことだけに夢中になってしまって、会話がいい加減になってしまう危険があります。
それは避けなければなりません。
もしゲームをさせるなら、「ダイアローグ定着」という目的を果たせるように工夫する必要があります。
発話回数が多くなる工夫をしたり、チェックシステムを入れたりするとよいでしょう。
くわしくは「ビギナーズブックレット1」(東京教育技術研究所)に「ゲーム」のページがあります。
ぜひそちらをご覧ください。
【回答者 佐藤純子】


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド