TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5199884 更新:2012年12月31日

通知表の書き方(低学年向け)のヒント 国語編


1 具体的な言葉で書く。
2 前向きな言葉で書く。

詳しく言えば
・具体的なエピソードを書く
・書いた翌日に読み返して、誰のことを書いたかを自分で言える内容を書く
・子どもを励ます前向きな目線で書く。
・その子の根本的な長所(短所の場合もあるが)が学習や生活全般に影響を与えている場合は「リード文」を入れてそのことを伝える。

以下、国語の例を挙げる。

考えが深く、自分の考えを筋道立ててわかりやすく発表することができました。また、ひらめきやアイデアに優れ、カルタ作りや言葉集めの学習ではすぐに活動に入り、言葉を豊かに使った活動ができました。

「スーホの白い馬」の音読をがんばりました。すらすら読めるようになっただけでなく、「声を力強く出してごらん」とアドバイスした途端、とても声量のある声が出せるようになり、音読が一変しました。

「お手紙こうかん会」の学習では、友達からもらった手紙に書かれた内容によく対応した返事を書くことができました。物語などの内容をよく読み取って、音読をすらすらできました。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド