TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6341644 更新:2012年11月30日

お父様の一言


『シングルエイジ教育 22号』(シングルエイジ教育研究会発行)


     お父さまの一言

                                                               2年 奧野 智孝

 クラスの友だちのお父さまが、なくなったのでおそうしきに行くためにお母さまと二人であた川をあとにしたんだ。
 ぼくたち家ぞくは、その日りょ行中だったがお父さまがぼくに一言、
 「友だちだったら行きなさい。」
と言った。
 ぼくは、りょ行もつづけたいしおそうしきのことを考えるとふくざつな気もちになってしまったが、
 「おすうしきに行くよ。」
と答えた。
 電車の中でお母さまが、
 「お父さまは数年前にじ分のお父さまをなくしているでしょう。だから、たった八才で父親をなくすかなしみをだれよりも知っているからともちゃんにそう言ったのよ。」
と話してくれた。まどにうつったぼくの顔は、平ぜんとしたふつうの顔であったが心の中は冬の海のようにこおりついていた。
 よこはまのみょうれん寺での友だちのお父さまは、おかんの中に入ってしまってこのまま車にのってけむりとなったら友だちは、一生大すきなお父さまの顔が見れない。今まで作ってきた思いでももう少しも作れない。友だちの下をむいている顔やお母さまの赤い目を見るのもつらかった。
 きゅうに自分のお父さまが、なくなったようなかんじであふれた。ぼくは、「ハッ」とした。お父さまが、ぼくに言った一言のいみが少しわかった気がした。あい手の立場に立って考えてごらんということだったんだ。でも、こればっかりはあい手の立場に立つにはつらいよ。かなしいよ。もしぼくが、そうだったらかなしみはぜったいにはかれないくらい大きいものでずっとずっとかかえて大きくなっていかなくてはならない。あまりのかなしさとなみだのおもさでつぶれちゃうよ。ふくざつな気もちのままで行くよと言ったぼくは、友だちとじ分の心にすまない気もちでいっぱいになった。
 「がんばれ、まさきくん。
  ぼく、ずっときもの友だちだからね。
  うれしい時もかなしい時も力となってたすけあおうね。」
と心の中で大きい声で言った。

※参考図書「心の記念碑-昨bん指導のポイント-」(シングルエイジ教育研究会編)
        「心の記念碑part2-思いを綴れば心は育つ-」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド