TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/17 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2220051 更新:2012年12月31日

発問「悲しむのは誰ですか?」で加害者にも目を向けさせる


岩下 修著『AさせたいならBと言え』(明治図書)のP.45で紹介されている横田敬一郎氏実践修正追試

発問1:

あなたが交通事故にあって重症を負ったとします。悲しむのは誰ですか?

子どもから、次の意見が出た。
 (1)お父さん  (2)お母さん  (3)兄弟姉妹  (4)おじいちゃん  (5)おばあちゃん  (6)友だち  (7)先生

発問2:

まだ悲しむ人がいます。その人はとても悲しみます。誰でしょう。

「いとこ」「校長先生」が出された。ある子がこう言った。
「車を運転していた人」。
そこで説明した。 

説明1:

あなたが交通事故にあったとしたら、あなたを知っているすべての人が悲しい思いをします。
だけど、悲しい思いをするのはその人たちだけではありません。
「事故を起こした人」(「車を運転していた人」)も悲しい思いをするのです。

説明2:

事故を起こした人は、その後一生、事故を起こした苦しみを背負って生きていかねばなりません。
またその家族も、同じように苦しみを背負って生きていくのです。

説明3:

一つの「交通事故」は、事故にあった人、事故を起こした人の両方に、つらく悲しい思いをさせることになります。

説明4:

そんな交通事故を起こさないために、運転主は十分注意して運転しています。
だけど、急な飛び出しなど、運転主がいくら注意しても防ぎきれない事故があります。

発問3:

運転手以外に、誰の注意が必要ですか。

「自分たち」「歩いている人」が出された。

説明5:

たくさんの人を不幸にする交通事故を起こさないよう、運転している人も十分注意しますから、
あなたたちも十分注意してください。 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド