TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/22 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6113169 更新:2012年12月31日

新採研修指導資料「給食指導の進め方」


1 給食の準備

 給食当番は、出席番号順で10~12人程度ずつで1グループとする。学級の人数によるが,3グループくらいになる。3週間に1回,当番が回ってくるということになる。
 番号の前後2~3人ペアになって,同じ仕事をする。例えば出席番号1番と2番は大きなおかず,3番と4番と5番が,ごはん・パン・・・といったような感じである。
 次回そのグループが当番になった時,仕事担当は,1つずつずらしていく。つまり,2番と3番が大きなおかずで,4番と5番と6番がごはん・パンの係りになるわけである。
 1人ずつしかずれていないので,前回に同じ仕事をした児童が一人は残る計算になる。その子が仕事を教えることができ,スムーズに流れていく。
 
 尚,「配膳台ふき」の仕事は,給食当番が12人以上の場合は給食当番の中で位置づけた方がよい。

2 配膳の仕方

一番最初は,低学年は大きいおかずは教師が配膳する。大まかな量の兼ね合いを指導するためである。
 小さいおかず・パンごはん・牛乳・ストロー・スプーンなどは子どもが配る。その際,早く配り終わったら,遅い仕事を給食当番内で手伝う。自分の担当が終わったから,とさっさと仕事をやめてしまうと,かえって時間がかかり,給食時間が短くなる。
 給食当番は,グループで協力する,ということを必ず言っておく。

たくさん余ってしまった場合

 教師が,班ごとにまわって、配膳する。すると、おかわりには立ってこない子も、気の小さな女の子も「食べる」と、言って少しおかわりをして食べる。
 教師からついでもらうのはうれしいのだ。

3 給食中のルール

 基本的なルールを全員に徹底する。
 
○立って食べない
○どれから食べてもいいが,通常,デザート・フルーツなどは,最後の方がおいしく食べられることを教える。
○早く食べ終わったら、一人ずつ片づけをする。又は,グループごとに,皿やごみなどをまとめて片付ける。又は,散らからない工夫が必要な牛乳だけは,グループごとで,後は一人ずつ,など学級に応じたルールを教師が決める。
席を立つ・立たないも確実にルールを徹底させる。
○食べ終わった人は、静かに自分の席で静かにできる読書などをしておく,といったルールも必要。

4 トラブル対処の言葉かけ例

○隣の机を離す子に対して
★あら、初めまして○さん。仲良くしましょうね」と机を元の位置に戻す。
○立って食べる子に対して
★座って食べないと、胃がビックリしてしまって気持ちが悪くなりますよ
★お家でもそのように食べるのですか?お母さんに聞いてみますよ。
○きらいという理由で全く食べようとしない子に対して
★一口は食べるというルールがあります。一口だけがんばってみようね。
○犬食い(皿を持たずに口を皿に近づけて食べる)に対して
★お皿を持って食べないと大人になってデートした時嫌われちゃうよ。
○口をあけたまま食べる子に対して
★ここは歯医者さんではありません。口を人に見せないでいいです。
○給食当番をしない子に対して(特に片付け)
★忘れていたのですか?(何回も続くようだと…、「来週もやってくれるんですね。ありがとう。」)

声かけのポイントは「AさせたいならBと言え」です。これは全てに通じます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド