TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/18 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1555738 更新:2012年12月31日

6年啓林館「速さ」全発問・全指示3


速さ 第3時(啓林館 上P.101)

速さの単位変換。変換する式を立てやすくするための図を教えた。式はよくできているのだが、計算間違いやkmをmに直すというところの間違いが目立った。

1.復習の問題を解く

指示1:

問題を出します。3分間で48m進む人がいます(遅いな!)速さを求めなさい。
できたら持って来なさい!先着10名です!

<板書>
3分間で48m

1番の子に面積図、2番の子に式、3番目の子に答えを板書させ、答え合わせをした。面積図、式、答え1つずつに○をつけさせた。
同じ流れで後2問。

秒速8mの人が7秒間で進む距離
時速2kmの人が12km進むのにかかる時間

2.秒速、分速、時速を変換する図を教える

指示2:

101ページ。「時速、分速、秒速」
□1をついて読みます。「時速920kmで飛ぶ飛行機があります」

(時速920kmで・・・)
一文ごと、ついて読ませていった。一通り読ませた後、立って1回通して読ませた。

発問1:

どちらが速いと思いますか?飛行機だと思う人?(挙手少数)音だと思う人?(挙手多数)

説明1:

このままだときちんと比べられないので、どちらかを揃えます。時速と秒速だから比べられない。どちらかに揃えて比べます。

指示3:

揃えるためのアイテムを描きます。その名も「はやさくん」
ノートに「秒速」と書きなさい。

指示4:

丸で囲みなさい。

指示5:

指2本空けて、「分速」と書きなさい。

指示6:

指2本空けて、「時速」と書きなさい。

どちらも○で囲ませた。ここまででこうなっている。
<板書>
 __     __     __
|秒速|  |分速|  |時速|
 ――     ――     ――

指示7:

秒速1mの人がいるとします。1秒間に1m進むということです。
秒速の下に1mと書きなさい。

発問2:

この人は1分間では何m進みますか?

(60mです)

発問3:

分速は秒速の何倍ですか?

(60倍です)

指示8:

矢印と60倍を書きなさい。

<板書>
    ×60
  |――――↓
 __     __     __
|秒速|  |分速|  |時速|
 ――     ――     ――

発問4:

では、分速60mのこの人。1時間だと何m進みますか?書きなさい。

(3600mです)

発問5:

時速は分速の何倍ですか?書いてごらん。

(60倍です)
<板書>
    ×60     ×60
  |――――↓|――――↓
 __     __     __
|秒速|  |分速|  |時速|
 ――     ――     ――

発問6:

では、ジャンプします。秒速から時速は何倍ですか?60倍の60倍です。書きなさい。

(3600倍です)
<板書>
       ×3600
  ______________
 |  ×60     ×60   |
 ||――――↓|――――↓↓
 __     __     __
|秒速|  |分速|  |時速|
 ――     ――     ――

発問7:

逆に考えます。かけ算の反対は何算ですか?

(わり算です)

発問8:

では、時速から分速は÷いくつですか?

(÷60です)
図に矢印と「÷60」を書かせた。

指示9:

分速から秒速も書きなさい。

(÷60です)

発問9:

念のため、時速から秒速は÷いくつですか?

(÷3600です)
<板書>
       ×3600
  ______________
 |  ×60     ×60   |
 ||――――↓|――――↓↓
 __     __     __
|秒速|  |分速|  |時速|
 ――     ――     ――
 ↑↑____|↑____||
 |   ÷60      ÷60 |
  ―――――――――――――
        ÷3600

説明2:

これが「はやさくん」です。

3.図を使って問題を解く

(1)秒速を時速にする

指示10:

もう1回問題読みます。「時速」から、さんはい。

(時速・・・)

指示11:

では、音の速さ、秒速300mを時速に直します。式を書きなさい。

(300×3600です)

指示12:

計算しなさい。

(1080000です)

指示13:

答えを書きなさい。

(時速約1080kmです)
mをkmに直したことを褒めた。教科書に載っているのだが。

書けた子で式と答えを読ませた。

(2)時速を秒速にする

指示14:

では飛行機。時速920kmを秒速に直します。式を書きなさい。

(920000÷3600です)
教科書に載っている式である。念のため、920000は何のことかを尋ね、言わせた。

指示15:

答えを書きなさい。

速く終わった子に板書させた。

指示16:

練習問題をやってみます。○2。
「次の表のあいているところの数を求めましょう」
まず、「はやさくん」を書きます。ノートの新しいページに書きなさい。

速く終わった4人に協力して板書させた。

4.練習問題を解く

指示17:

○2を読みます、さんはい。

(次の表の・・・)

指示18:

バスの分速を求める式をノートに書けたら持ってらっしゃい。

36kmをmに直すということは多くの子がわかっていたようだが、36kmを3600mと間違える子が続出だった。
正解の子は先に進ませた。先着6人に板書させ、答え合わせをした。
尚、バスの秒速や飛行機の時速を求める式は2パターン考えられる。バスの場合「36000÷3600」と「600÷60」というように。板書された式と違う式も取り上げた。

5.身のまわりから見つける

(1)教科書の問題を解く

指示19:

○3にいきます。
「身のまわりから、時速、分速、秒速が、使われているところをみつけましょう」
ノートに書きなさい。

書けた子から発表させた。思いつかない子は、発表されたものを書くように言った。

(2)自分の時速を求める

この後、ちょっと脱線。
50m走のタイムから、時速を求めさせた。
(1)50m走のタイムから秒速を求めさせる。計算が難しい・・・。
(2)それを3600倍して時速を求めさせる。
教師も自分のタイムで黒板で計算していった。
最後にノートチェックをして終わり。

《先行実践》 河田孝文氏:『どの子も「かしこくなった!」と実感する算数授業づくりの筋道』(明治図書)P.70~P.73


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド