TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4805116 更新:2012年12月31日

通潤橋と白糸大地


白糸大地の写真を見せて、次の発問をする。

発問1:

写真を見て、分かったこと、考えたこと、思ったことをノートにか条書きしなさい。

一枚で100個の意見に耐えられる写真である。
さらに、

発問2:

何のために通潤橋を作ったのですか。

で討論をさせる。

通潤橋は1854年(嘉永7年)、水源に乏しい白糸台地へ
水を送るために架けられた通水橋であり、
建造にあたっては地元の総庄屋であった布田保之助が
計画を立てて資金を調達し、
熊本八代の種山石工技術者集団の協力を得、
近隣農民がこぞって建設作業に参加した。

この水路付き石橋は、アーチ型の木枠を作った上に石を置き、
水路を設置して橋が完成したところで木枠を外す工法
により建造された。石橋の木枠を外す最終段階には、
橋の真下に白装束を纏った布田翁が鎮座し、
石工頭も切腹用の短刀を懐にして臨んだという。

※佐藤琢朗氏の実践である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド