TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/17 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5451616 更新:2012年12月31日

新しい文化「世界に誇る日本のアニメ(千明浩己氏追試)」


浮世絵を提示する。

発問1:

浮世絵は一枚いくらでしょうか?

(1)そば一杯分 (2)米一俵分 (3)馬一頭分
浮世絵は、元禄時代に木版印刷を使って大量生産できるようになったため、安い値段となりました。浮世絵は、江戸の庶民の文化だったと言えます。今のテレビや雑誌、ポスターの役割を果たしていたのです。ペリーが1853年6月に浦賀にやってきました。するとこれを知らせる「浮世又兵名画の奇特」という浮世絵が出版されました。 これは、8月には毎日1600枚も作られていたそうです。これなどは、現在の号外、ニュース写真の役割を果たしていたと言えます。この時代、その国の一流の画家が描いた美術品を庶民が楽しんでいた国は、日本以外にありません。
ゴッホの絵を提示した。

発問2:

浮世絵が描かれています。どこですか?

絵の奥に書かれている。ゴッホは浮世絵を研究し強く影響を受けていた。歌川広重の版画を模写もしている。
広重や北斎など、日本の浮世絵版画は、世界的に高い評価を受けています。ヨーロッパの人々は、浮世絵の非常に細かい描写に驚きました。例えば美人画の人物の髪の毛は、実際の髪の毛と同じ太さで描かれています。細かい線を絵で描くのでも大変なのに、それを版画にしているのだからすごいものです。しかも、凸版方式なので、線にしたい部分の両側を削って浮き彫りにしています。昔から日本人は器用だったことが分かります。

発問3:

それから100年ほど経った昭和時代にアメリカで大ヒットしたアニメがありました。何でしょうか?

アストロボーイというアメリカ名の画像を提示する。(鉄腕アトム)

発問4:

平成に入り、1999年全米で上映され、初日だけで1010万ドル(約12億円)を売り上げるなど、大ヒットしたアニメ映画は何でしょうか?

1999年に日本のアニメ映画「ポケットモンスターミューツーの逆襲」が全米で上映され、初日だけで1010万ドルを売り上げました。ハリウッドの大作を押しのけて、入場者ナンバー1になったのです。ポケモンは、現在でも、ゲームソフトやテレビ、カードゲームでも子ども達に大人気となっています。

発問5:

世界で最も多くテレビ放映されているアニメは何でしょうか?

海外の写真をいくつか提示する。ドラえもんである。

発問6:

googleの検索キーワードで、2001年、2002年と、連続で1位をとった言葉は何でしょうか。

(ドラゴンボール)
2001年、検索キーワードで、世界中の人がドラゴンボールを検索したのです。他のどんな言葉よりも多く、検索されたと言うことです。しかも、2002年も検索キーワード第1位となりました。2連覇した言葉は、ドラゴンボール以外にありません。そのくらい熱狂的に、多くの国の人々に受け入れられたのです。

授業の最後に次のように語ると、生徒から「日本はすごい」という感想が聞こえた。

フランスでは、ドラゴンボールとセーラームーンがあまりにヒットしたため、放映されるアニメの半数以上が日本の作品になりました。ドラゴンボールは、視聴率60%を超えた時もあったそうです。アニメだけではありません。日本の漫画も世界中で熱狂的に受け入れられています。サッカー王国イタリアでは、キャプテン翼が大人気で、登場人物の名前は、イタリア風に変えられているそうです。世界中で最も読まれている漫画が「キャプテン翼」だという統計もあるようです。
1995年、アメリカのペンシルベニア州ステートカレッジで日本製のアニメや漫画ファン達の国際会議が開かれました。アメリカでも日本のアニメや漫画が大ブームなのです。韓国政府が1996年に調査したところによると、世界中で見られているアニメ作品の65%は日本製だそうです。今や世界の子ども達のヒーローは、日本生まれなのです。
外国人が、秋葉原や池袋、新宿のアニメスタジオなどを巡るツアーが人気となっている。彼らにとって、TOKYOは、「憧れの聖地」なのだそうだ。

アニメを語る際、忘れてならない人がいます。アニメを芸術にまで高めたと言われる映画監督です。日本が誇るこの監督、誰だか分かりますか。(子ども達から監督の名前は出てきませんでしたが、トトロとかもののけ姫という作品名はすぐに出てきました) そうです。それらの作品の生みの親、宮崎駿監督です。これは、「千と千尋の神隠し」ですね。この作品は2002年、ベルリン国際映画祭で金熊賞を、ニューヨーク映画批評家協会では最優秀アニメ賞を、ボストン映画批評家協会では、特別賞を受賞しました。 翌年の2003年には、アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞しました。そして、次の作品です。そうです。一昨年世界中で大ヒットした「ハウルの動く城」です。最近DVDも発売されましたね。先生も見ました。この作品は、2004年ベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を、ザグレブ国際アニメーションフェスティバルでは功労賞を、2005年ハリウッド映画祭ではベストアニメーション賞を、ニューヨーク映画批評家協会では最優秀アニメ賞を、そして最も映画の世界では最も価値のある賞の1つであるベネチア国際映画祭の栄誉金獅子賞を受賞しました。どの国でも、その上映は、熱狂的な歓迎を受けたのです。江戸末期から明治にかけては、日本発の浮世絵が、世界中に影響を与え、そして今、アニメや漫画が、日本発の文化として、世界中に影響を与えているのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド