TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2213569 更新:2012年12月31日

6年啓林館「図形の拡大と縮小」全発問・全指示4


図形の拡大と縮小 第4時(啓林館 上P.79)

四角形の作図。三角形を組み合わせるということを助走問題で体感させてから、教科書に入った。

1.前時の復習をする

急いで、1辺3cmの正三角形を板書。

指示1:

これの2倍の拡大図を描いたら持って来なさい。

正解の子には、色塗りか、違う方法で描くか、色々な大きさの拡大図や縮図を描くか、どれかに取り組ませた。

2.P.79の□3、四角形の拡大図を描く

(1)三角形を組み合させる

底辺4cm、高さ1cm、間の角90度の三角形を板書。

指示2:

これの2倍の拡大図を描きなさい。

終わった子に、手順を聞いていき、描き方を言わせていった。それに応じて、板書をしていった。
90度の角度の点の所、きちんと2cmをとることを確認した。さーっと教室を回ってノートを確認。全員できていた。

指示3:

次。前を向いて。
3.2cm、ここが2.5cmの三角形をくっつけます。これの2倍の拡大図を描きなさい。

先程の底辺4cm、高さ1cmの三角形の斜辺にくっつけて描いた。これで□3の四角形になる。

指示4:

これの2倍の拡大図を描きなさい。できたら持って来なさい。

正解の子には、色塗りか違う大きさの拡大図を描くように言った。これが時間調整。その間に、つまずいている子に指導。

(2)教科書に書かれている描き方を読む

説明1:

79ページ。□3。ついて読みます。
「右のような四角形の2倍の拡大図をかいてみましょう」今、書いてみましたね。

指示5:

鍵マーク。「四角形は対角線を1つひくと、2つの三角形に分けられることから考えましょう」
枠の中を読みます。
「多角形の拡大図をかくには、多角形をいくつかの三角形に分け、三角形の拡大図をかいていきます」

(3)自力で描く

指示6:

では、今は先生と一緒にやりました。だから、2倍の拡大図を自分で描きなさい。できたら持って来なさい。

正解の子は色塗りか、3倍の拡大図を描かせた。
描き方は合っているのだが、どうもずれる子が2人。良く見ていると、コンパスを使う際、鉛筆部分と針部分を手で持って描いている。これでは、長さが変わるはず。そのことを指摘し、上を持つように言うと「おお」と納得していた。

3.○4に取り組む

指示7:

それでは、4番に挑戦します。
「次の四角形の辺の長さや角の大きさをはかって、2分の1の縮図をかきましょう」
できたら持って来なさい。

難しいが、自力で取り組ませた。正解した子には、色塗りか、手順を作文させた。
4人、時間内に終わらず。後で個別指導をした。
ドリルに取り組ませて終了。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド