TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7980160 更新:2012年11月30日

三角形(学校図書)第6時 もよう作り


①もよう作り1

子どもたちに3色の色画用紙を配布。(B5半分程度の大きさ)

指示1:

4cm、4cm、3cmの二等辺三角形を4つ描きなさい。

描けたら持って来させる。
もよう作りの三角形なので長さは書かせない。
できた子には違う色の画用紙にもう4つ同じ二等辺三角形を描かせる。

ここまでの作業ができたら説明。

説明1:

教科書82ページ。
【□1の問題を読む】
その下に模様があります。指を置いてごらんなさい。
この模様を①とします。書きなさい。
作った8つの二等辺三角形をこの模様のようにしてノートに貼ります。
できたら先生のところに持ってきなさい。

ここまでできた子には次の作業にうつる。

②もよう作り2

指示2:

まだ使っていない色画用紙を出します。
4cm、4cm、4cmの正三角形を3つ描きなさい。

前と同様にここで正三角形をきちんと描けているかチェック。
できた子には他の色の画用紙に同じ正三角形をあと3つ描かせる。

指示3:

男の子の写真の下の模様を指差します。
この模様を②とします。
次はこの模様を作って先生のところに持ってきなさい。

正六角形の模様ができたら、残った時間で好きな模様を描かせる。
ここまでの作業が全員が終わると45分。
作図して、はさみで切って貼るという作業。
指先をたくさん使った作業だった。
「丁寧さ」を身につけるためにもこのような作業を行う授業も必要。

しかし、場を限定しないとできない子が多発する。
自由に模様を作らせると授業が崩壊すると考えられる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド