TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1320052 更新:2012年11月30日

叱らなくても掃除はできる


叱らなくても掃除はできる

           福島法則化アンバランス TOSS会津 薄井 健文

これは得居不二三氏の実践「叱らなくても掃除はできる」の紹介である。
出典 : 第9期教育技術の法則化86 だれでも使える学級経営の技術 

 叱っても、まじめに掃除をやろうとしなかった子が、真剣に取り組むようになる方法がある。以下、やり方を示す。

 準備 (1) 子どもたちのどんな態度を見てもおこらない決意をする。
        (叱っても効果はないのですから。)
    (2) できるだけ、望ましい態度(掃除の仕方)だけを見る。

 掃除の様子をよく観察し、ふき方・はき方・運び方など望ましいやり方をしている子を見つけ、覚えておく。掃除が終わった後で次のように言う。

今の掃除の仕方をよく見ていたら、鈴木君のふき方と田中さんのはき方が
とってもよかったです。口を結んで黙々とやっていた山本さんも立派です。拍手をしましょう。

この時、どんなふき方だからよかったのかを具体的に指摘できればなお効果的になる(なるほどそうやればいいんだなと子どもが分かる)。
次に、教科以外に使うノートを出させる。(なければ連絡帳でいい)

指示1:

今、みんなのいいところを探そうと思ってみていたんだけど、もしかしたら見落としていた人がいるかもしれません。そこで、これから私に知らせて欲しいと思います。今の掃除で、自分のよかったところだけをノートに書いて持ってきなさい。

ノートを見ながら、赤丸をつけていく。この時、たくさんかけている子どもをほめることを忘れない。
5分たったら、次の指示を出す。

指示2:

まだ、何も書けていない人も、ノートを持ってきなさい。  

書けていない子には、見たというサインだけを書いておく。次の指示を出す。

指示3:

もう一度掃除をやります。終わった後でまた、よかったところだけを書いてもらいます。では、お掃除はじめ。

この掃除は、前とは全く違い、真剣そのものである。終わるのも早い。
掃除の後、前と同じように、ノートに書かせる。今度は全員が書ける。

指示4:

書けた人はノートを見せに来なさい。

「取りかかりが早かった。」
      「口を結んでできた」
      「隅々までふけた」
      「つくえ、いすを10個以上運んだ」
      「真剣にできた」
      「ぼくのが早かった」
      「他の清掃場所の手伝いをした」等々
 ノートには、赤丸を大きく何重にもつけながら、
  「すごいね」「がんばったね」「明日が楽しみだ」
 などと声をかけていく。
 全員のノートを見終わった後で、今の掃除(2回目の方)についての感想を述べる。

今の掃除は、100点です。君達一人一人の中には、こんなに立派に掃除ができるすごい力があることが分かり、とってもうれしかったです。明日は、いくついいところが増やせるか楽しみです。

この後一週間ぐらいは、毎日掃除が終わった後、よかったところだけをノートに書かせ、それに丸をつけながら励ましていく。この間、ちょっとしゃべったり、ふざけてしまう子も出てくるが、決して怒ったりせず「明日は、きっとがんばれるね」などと声をかけていく。どんなに叱っても、少しもまじめにやらなかった子でも、真剣に掃除に取り組んだ。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド