TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/22 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7176049 更新:2012年12月31日

火災現場の写真から討論へ


教科書や資料集などから火災現場の写真を準備する。
消防士、レスキュー、医療関係者が写っている写真がいい。

発問1:

この写真を見て、わかったこと、気付いたこと、思ったことをノートにできるだけたくさん箇条書きにしなさい。
3つ書けたら持ってらっしゃい。

一つずつ黒板に書かせていく。ある程度いっぱいになったら発表させる。
黒板は以下のようになる。

Kazi

指示1:

おかしいものがあったら発表しなさい。

これで慣れてくると自然に討論になる。
私の学級では以下が問題になった。

1 写っている一般の人はみな野次馬か
2 どの色の人が最初に救助に来たか

この2つを時間をとってやってみた。
野次馬問題は、腕章が見えたり、取材用具が見えたりして、
火災現場には、救助関係だけで無く、報道関係者、さらにはガス会社など
様々な人が来ることがわかっった。

発問2:

どの色の人が一番最初に来たのでしょう。

向山洋一氏が師尾喜代子氏が提示した写真を使って考えた発問である。
必ず討論になる。
結果はここでは出さず、次のように問う。

発問3:

どうやったらわかりますか。

電話をかける、インターネットで調べる、消防署に行くなど、調べ方を考えさせることが重要である。
この後、本学級では、消防署見学に行って、このことを質問している。
結論的には現場によるが、消火、レスキュー、医療関係者 それぞれの役割を確認することができた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド