TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4847550 更新:2012年12月31日

教科書でつくる討論の社会科討論の授業


教科書でつくる討論の社会科討論の授業

社会で「庄内平野の米作り」について学習しています。
教科書には,庄内平野の特徴について,次の記述があります。

【稲作農家の伊藤さんの返事】
稲が良く育つには,穂が出る夏に高い気温が必要です。
しかし,庄内平野の夏は,気温の高い時期が長くありません。
そこで,ちょうどその時期に穂が出るように育てます。
そのため,まだ寒い時期に種まきをします。
なえは,ビニールハウスで,子どものように大切に育てます。
春は,気温が低くなったり,急に高くなったりするので,ほかの仕事ちゅうでも,何度も様子を見に行って,ハウスの温度を調節します。
健康でじょうぶななえが育てば,農薬にあまりたよることもなく,人の体に安全な,おいしい米をつくることができるのです。
前・東京書籍「新しい社会」5上より

稲作農家の伊藤さんの手紙は,「米作りに苦労している」という内容です。
しかも,伊藤さんの苦労の原因は庄内平野の気候です。
こんなに手間がかかる米作りを,なぜあえて庄内平野でするのでしょう。
もうかるからなのでしょうか?
先祖が引き継いだ稼業だからでしょうか。
伊藤さんからの手紙からは,米作りは大変だということしか伝わってきません。

教科書には,庄内平野の次のような特徴が紹介されています。

 庄内平野は,夏になると南東から季節風がふきます。
 山をこえてきたあたたかく,かわいた風は,ぬれた稲の穂をかわかして病気をふせぎ,日光を十分にあてて,じょうぶな稲を育てます。
 冬は北西から季節風がふき,しめった冷たい風が,山にぶつかって雪をたくさんふらせます。
 この雪は,水田の土の温度を下げて,土の中のばいきんを殺す働きをします。
 また,春にはゆたかな雪どけ水となって,水田をうるおします。
前・東京書籍「新しい社会」5上より

ここだけ読むと,庄内平野の気候は,米作りにとても適しているということがうかがえます。
二つの資料は,プラス面,マイナス面が記述されています。
ほんとうのところ,庄内平野は,米作りに適しているのでしょうか。
どちらとも決めかねる,良いテーマです。
クラスを「適している派」「てきしていない派」にわけ討論をしました。もちろん,その前に作文です。課題に対しては,1ページ程度の作文がすらすら書ける力をつけさせたいと思っています。
内容は二の次です。
とにかく,1ページ程度の作文が書けるようになることを目指しています。
社会一発目のこの課題,子ども達は,無理やり書き終えました(できなかった子もいますが)。
そして,討論に臨みました。
ノートの意見文も,討論も,回を重ねるごとに進化してほしいと願っています。

_____________03

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド