TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/25 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5240819 更新:2012年12月30日

ポスターの字をきっちりぬる方法


図工の時間にポスターを描く。
ポスターなら字をきっちり書きたい。
フリーハンドで、字をきっちりぬるにはどうしたらよいか。
ポイントは次の2点である。

ぬっている間は息を止める。
ひじを浮かせない。(机につける)。

以下に例を示す。
字の部分だけを残して、色をぬらせる。
全員が仕上がったところで、

説明1:

今日は、ポスターの字の部分をぬります。
ポスターの字をぬるときは、きちんとぬらなくてはいけません。
そのためには、ぬるときに息を止めるといいのです。

「え~っ」という返事が返ってくる。
何人かが感心している。

指示1:

練習します。
深く息をすいなさい。

教師も子どもたちと一緒にやってみせる。

指示2:

息をちょっとはいて止めなさい。

全員真剣である。
教室中にふくれっつらが並ぶ。

説明2:

そんなに大きくすわなくてもいいです。
せいぜい止めているのは5秒から10秒くらいですから。

指示3:

筆を持ちなさい。

指示4:

筆を持った手のひじを机につけなさい。

説明3:

ひじは動かしてもいいですが、机からはなしてはいけません。

ひじを浮かせると不安定になるからである。
ひじを支点に動かしてみる。
これでポイントの説明は終わりである。
6年生で実践した時には、ここまでで3分くらいであった。

指示5:

最初の字をぬります。
ぬる色をパレットに用意しなさい。
筆に絵の具をつけて、パレットのはじで毛を整えなさい。
できたら、ひじを机につけなさい。

このとき、ひじが浮いていないかよく見ておく。

指示6:

まっすぐな所からぬります。
深く息をすって少しはいて止めなさい。
最初のひとぬりをします。
ゆっくりやりなさい。

まがった所も含めて、4~5回これを繰り返す。

指示7:

あとは自分で続きをやりなさい。

おしゃべりができないので静かである。
それにもの珍しさも加わって真剣である。
机間巡視しながら大いにほめる。
たったこれだけのことである。
わずか10分の指導である。
それでも、とにかく字がきっちりと仕上がった。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド