TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/16 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1132032 更新:2012年11月26日

アゲハの幼虫の足は何本?


誰でもできる楽しい理科授業  東京書籍版

Logo-2001

3年「こんちゅうをそだてよう」 (6/9) 幼虫の観察 3 (アゲハのよう虫、足は何本?)

         作成者   福島アンバランス 大堀 真  福島メーリングリスト推薦

【 準備物 】

 1 3センチメートル程度に育ったモンシロチョウの幼虫。
   またはアゲハの幼虫グループ数分+α
 2 ガラス板、あるいはシャーレ等。(幼虫を「下から」見るために必要。)
 3 むしめがね人数分。(ベークライト製の安価なものは、250円程度である)

 この授業は、本来なら「幼虫の観察3」であるが、
 運動会の準備で観察のチャンスを逃したら、青虫がサナギになってしまった!ので
 いたしかたなく、勤務時間中に近くの山へお出かけさせてもらい
 アゲハの幼虫を10匹ほど採集してきて行った。(大事な教材研究でしょ)

 このページをごらんになる皆さんは、
「前車の覆るを以て後車の戒めとなす」。
 こういうドジを踏まないように。

指示1:

教科書の12ページを開きなさい。
開いたら、「開いた」と言いなさい。
写真が出ています。

モンシロチョウのタマゴはどれですか。
指さしなさい。指したら、指したと言いなさい。
○○君が速い。とても優秀だ。

次、モンシロチョウの幼虫はどれですか。○○さんがとても速い!

アゲハの幼虫はどれですか。あ、○○君がまだだ。おそい。
カイコガのさなぎはどれですか。
アゲハの成虫はどれですか。まだの人はおそい。

さて、今日はこのなかの「ある虫」の観察です。
さあ何かな?
 
アゲハの幼虫を班ごとに配る。

発問1:

何の幼虫ですか。(アゲハの幼虫)

指示2:

アゲハの幼虫を見て、思ったこと、気づいたこと、考えたことを
ノートに箇条書きにしなさい。
(モンシロチョウの三回目なら不要かな)
一つ書けたら持ってきなさい。

初出の答えを板書させる。
持ってきた子には二つ目、三つ目を書かせる。約3分程度。

書いた子に、自分の板書を読ませる。

指示3:

さて、今日は難しい問題。
アゲハ君をガラスに乗せて、こ~のように下から見る。足はどれかな。
(ガラスの上を這わせて下からのぞき見るのである)

発問2:

アゲハの幼虫の足は何本ですか。
交代で、見て、答えはノートに書きなさい。

発表させる。
これが、傑作である。
幼虫の足は、8本、11本、16本、18本、20本、24本など、
まるでバラバラになる。
一回目はそれでいい。
人数分布をサラッと聞く。

子どもは、誰一人として意見を言わない。(コマッタ)
しかたがない。次の手を打つ。

指示4:

○○君。出てきなさい。みんなの方を向きなさい。

発問3:

○○君、バンザイをしなさい。           人間の腕は何本ですか。(2本)
○○君、しゃがみなさい。はい、立ちなさい。    人間のあしは何本ですか。(2本)
○○君、耳をつかみなさい。            人間の耳はいくつですか(2つ)
○○君、アカンベーをしなさい。          人間の目はいくつですか。(2つ)
○○君、眉毛をゴシゴシしなさい。         人間の眉毛はいくつですか(2つ)

発問4:

さて次です。
○○君、君のおへそはどこですか。指さしなさい。  
人間におへそはいくつありますか。   (1つ)
○○君、鼻をつまみなさい。               
人間の鼻はいくつですか。        (1つ)
○○君、アカンベーをしなさい。             
人間の口はいくつですか。        (1つ) 

発問5:

幼虫の足は、どのようについていましたか。下の図のどちらですか。  

図ア
○○○○○・・・・・
○○○○○・・・・・

図イ
○  ○○○ 
  ●   ●
○  ○○○

発問6:

ここまでやると、さっきの問題がわかる。
(11はおかしい。足は二本ずつ組になってると思う。)

※ こんなことは、どうでもいいような気もするのだが、
 生物の体は「左右対称」だというのは、気づかせたい気がする。

指示5:

もう一度良く数えてごらんなさい。

(16本だ。)そのとおり。

指示6:

16本とも、同じような足ですか (違います)

とげとげの足が何本ありますか。(6本です)
タコの吸盤のような足、吸いつく足が何本ありますか。(10本です)

教科書11ページの、「よう虫のからだの形、下からみたようす」という図を
ノートに書き写し、足の数を書きこみなさい。
 

ここまでは、本題。
あとは、多少時間が余るので、幼虫と遊ぶ。(下のコラム参照)

★余計なコラム。★

1 青虫でも見えるが、アゲハの幼虫の背中をみると、
  体を軸線方向につらぬく「半透明の管状のもの」が透けて見える。
  よく観察すると、この管は収縮運動をしている。
  これは、幼虫の心臓である。(細長いの全部が心臓である)
   
  これを見つけさせて、心臓が動いているんだね。
  生きているんだね。ということぐらいは言っておこう。
  チョウの幼虫が気持ち悪いという人も多いが、
  ほとんど99%の幼虫は、人間に直接悪さはしない。
  手の上を這わせてもまったく平気である。
  
  大堀先生に習った女の子の多くは、
  手の上に幼虫を乗せて「カワイイ!」と言うようになる。
  (もちろん全員ではない)
  教師が、虫をかわいいと思えば、子どももカワイイと思うようになるのである。
   
  まれに、毒性を持つものがいる。
  ドクガの幼虫とか、柿の木につく「イラガ」だけは絶対に触ってはいけない。
  三日間ぐらい痛さにのたうち回ることになるかも知れない。
  (命には別状はないんだが、痛い。)

2 幼虫をシャーレに入れ、這わせて下から観察する。
  幼虫の足の運びが、何とも興味深い。

3 アゲハの幼虫の場合、エサにしているカラタチの枝の「トゲ」を折り取り、
  ツンツンとやさしく刺激を与えると「ツノ」を出す。
  (臭角という)
  ところで、何匹かの幼虫を「ツンツン」すると、
  すぐに角を出す奴もいるし、なかなか角を出さない、ボーとした幼虫もいる。
  何匹かツンツンしてやって、「お、こいつは怒りっぽい奴だなあ。」とか、
 「ははあん、虫の世界にもボーとしたやつはいるんだ」
  とか、虫にも個性というか、性格があるんだなあということをさりげなく教えている。

  たった一匹の虫にも、個性があるんである。
  あたら、たやすく殺してはいけないのだ。

- (C)TOSS Makoto Ohori All right reserved. - 

このサイトはリンクフリーではありません。

TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド