TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3780623 更新:2012年12月30日

シルバーの3日間(1日目)


7:40
①教室へ行き、窓を開ける。
②花を飾る。
8:20~30 朝自習
8:30~40 朝の会

ポイント1 どんな小さなことでもほめる

「おはようございます」明るく、さわやかに入る
「○○さん○○君…しっかり座っている合格!」
「腰骨を立てます。両手はひざの上」目をぜんいんと合わせる。
「おはようございます」

①出席確認「はい。元気です」「はい、風邪を引いています」一言で
②1日の予定を短く話す。
 1時間目:始業式
 2時間目:学活
 3時間目:学活
 4時間目:国語

(1)質問は最後に答えさせること。
(2)転校生が来ることを伝える。 

「今日は、みなさんにうれしいお知らせがあります。5年2組に転校生が来ます。まず、みんなから自己紹介してください。言うことを考えておきなさい。時間として10秒くらいです。

みんなで歓迎のメッセージを黒板に書きます。必ず、1人1つ書きます。

8:40~9:15 始業式

しっかりと聞いている子を見つける。この後の学活でほめる

終了後、教室に戻ったら何をしておくのかを示す

帰りに教科書を取りに行く。

9:20~9:50 学活 その後避難訓練。

教師の言うことをしっかりと聞いてやっていた子を目一杯ほめる

「始業式でおしゃべりをしない、ふらふらしなかったという人。手を上げなさい。よし!すばらしい。手を下ろします。しっかり気持ちの切り替えができていますね」

「では転校生を紹介します。大拍手で迎えますよ」
「みんなのクラスに仲間が一人増えました。友達が増えることはとてもいいことです。○○君はみんなと友だちになるために来てくれたのです。こんなにうれしいことはありません。今日はいい日です。○○君。それでは自己紹介をお願いします。

転入生自己紹介。みんなも自己紹介。

転校してくるということは1人でみんなの中に入るということです。みなさんは一人の○○君に慣れればいいですが、○○君は1人で36人に慣れなくてはいけません。そこを考えてほしいと思います。自分がどんなことをしてもらったらうれしいか考えてみるといいですね。一緒に遊んだり話しながらだんだんと本当の友だちになっていきましょう。そして春3月、この学年が終わる時に、○○君もこのクラスでよかった、他の人も、○○君と会えてよかったなと言えるようになってほしいと思います。
36人とたくさんいますが、早く名前を覚えてくださいね。他のみんなは帰りまでに名前を覚えてもらいなさい。

宿題提出

これから、一つずつ宿題や提出物を言っていきますので、机の上に重ねていきます。おくときに名前が書いてあるかを確認しましょう。忘れたものがあったら、そのままぬかして、上に重ねていきます。」

「通知表」『印鑑は押してあるかお隣と確認しなさい。』
「自由研究」「算数問題」『丸付けをしてありますか?』
「それ以外」(保護者からのお手紙などあった場合)

これから、一方通行で名前順に、重ねたものの上から、順に出して行きます。忘れたものがある人は、最後にチェックをいれなさい」

忘れ物の確認「明日はもってこようね」
その後席替え→クジ引きですぐ決める。
教科書配布
このあたりで避難訓練か

2:係決め

「係活動をもっと盛り上げるために先生も色々と調べてきました。当番活動と係活動は違います。当番活動は、給食当番や掃除当番のように仕事が決まっていて絶対に必要な仕事です。係活動は少し違います。学級が明るく、楽しくなるような、自分達がやってみたいことをするのが係活動です」

これまでの係活動の中で当番活動に入るもの(黒板係・保健係・学習係・配布・忘れ物)

今回つくる当番
電気つけ 電気消し 窓あけ 窓閉め 黒板消し① 黒板消し② 黒板消し③ 黒板消し④ 
日付・日直書き 黒板消しクリーナー 時間割 宿題 チョークチェック 花 朝自習 お休みカード
保健板 棚 理科1 理科2 音楽1 音楽2 図工1 図工2 掲示物チェック 机そろえ 落し物 ハンコつけ
配布 1週間限定転校生

→黒板に板書。仕事内容を言う。自分のやりたいところにマグネット。かぶった場合はジ
ャンケンにするけど移動する人いますか?と聞く。1ヶ月後に様子をみて変更もあり。
係活動については具体的には4時間目に決める。
係りを作る上でのルールを子ども達に示しておく。

・係を「会社」と呼ぶこと
・「会社」だから、リーダーが1人必要。「社長」とする
・必ず、2人以上でつくること
・必ずどこかの会社に入ること
・仕事をしない会社は倒産する場合もある
・仕事をしない人はリストラされる場合もある
・会社を作りたい人は、ポスターに「会社名」「メンバー」「仕事内容」を書いてみんなの前で発表すること
・発表して、ほとんどの人が設立を認めたら会社設立となる

机を椅子の上に乗せて下げてから遊びに行くよう指示する。掃除場所は前に貼っている表の通り。

10:30~11:05 掃除

11:10~11:55 学活続き・国語
①係活動を決め、内容を掲示させる。ポスターをかかせる。
②五色百人一首導入。初めてなので、手引書に従いながら進めていく。
③帰りの準備。今日から帰りの会は行わないことを伝える。そのかわり、必ず前の扉で当番の仕事をしたか確認し、先生とハイタッチをして帰ることを約束する。もう1つやることがありますが、それは明日説明します。「もう新しい友達の名前を覚えましたか」「家が近くの子はいますか」

いよいよ2学期のスタート。先生は今日のみなさんの姿を見て、しっかりと2学期も勉強できるかどうか分かりました。勉強できる子は一目見たら分かるのです。勉強のできる子という法則があるのです。何だと思いますか?3つあります。

○ハイの返事ができる
○あいさつができる
○椅子・くつを揃えられる

この3つができる子は勉強ができる子です。先生が適当に言っているのではありません。これは学校の世界では50年も前から言われてきたものです。森信三という有名な先生が言われていることです。これらができる子は自然と勉強ができるようになります。どうかな。ハイの返事できますか?

「ハイ!」と返ってくるだろう。「すばらしいクラスだ!」

「もうお昼だからお昼のあいさつをしましょう。こんにちは!」

元気な「こんにちは!」が返ってくるだろう「2つめの法則もクリアだ!」

「それでは帰りのあいさつをしましょう。全員起立。」ここで法則を忘れてしまう子がいるかもしれない。「今、椅子をすぐ入れた子!全ての法則をクリアだ!」全員これで椅子を入れるだろう。「5年2組は素晴しい!全員勉強ができる子だ!これは2学期とても楽しみだ!それでは、帰りに先生とハイタッチをして帰りましょう。
「さようなら」


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド