TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2293555 更新:2012年12月31日

一日でできる!耐衝撃スマートボードカバーの作り方


(C)TOSSインターネットランド/教師力を伸ばす/その他      作成:片桐 功(TOSS沖縄教え方研究会)

スマートボードにはカバーをかけたい。
ホコリや衝撃から守るためだ。スマートボードは精密機械である。
しかし、何もかけていない、あるいは薄いビニールなどをかけている教師が多いのが現状である。
ビニールは薄いので、ホコリからは守れるが衝撃には弱い。

私は厚いキルティング生地をミシンで縫ってカバーを作った。
多少の衝撃からも守れる。
裁縫の苦手な私(男)でも一日で作ることができた。
その作り方を紹介する。

説明1:

カバーを開けたときにはカバーはスマートボードの裏側にある。
いちいちカバーを取り外さなくても左右のジッパーを開け閉めするだけですむようなっている。
裏側にはマジックテープがついていて、スマートボードにくっついている。
こうすると、たった15秒で開け閉めができる。

Img02
Img06
Img08
Img07
Img03

説明2:

スマートボードのサイズを測る。
スマートボードの縦と横の長さを測る。

説明3:

設計図を書く。

厚さの分などがあるので横幅は15cm程度大きめにつくる。
縦の長さも20cm程度長めにすると、ペントレイもすっぽり覆うことができる。
小さすぎるのは問題だが、、少々大きすぎても問題はない。

説明4:

生地を買う。

私は、中にクッションが縫い込まれているキルティング生地を買った。
77インチの場合、幅110cmのキルティング生地5.4m(7000円くらい)でよい。
以下、具体的数値は77インチの場合を述べる。
他のサイズの場合は修正して実践していただきたい。

説明5:

生地を切る。

えんぴつなどで線を引き、はさみで180cmの布三枚に切り分ける。

Image1

説明6:

ミシンで縫い合わせてて一枚布にする。
三枚の布を縫い合わせて一枚の布にする。

Image2
Image3

説明7:

ジッパーを縫いつける。
左右にジッパーをつける。
上端ギリギリまでジッパーをつける。

Image4

説明8:

マジックテープを縫いつける。
スマートボード裏側の上端にマジックテープをつけるので、そこに当たる場所に、カバーにもマジックテープをつける。

Image5

説明9:

裏返して取り付ける。

生地側のマジックテープと位置が合うように、スマートボード側にマジックテープを貼り付ける。
強力両面テープで貼らないと、カバーの重さに耐えられない。
カバーをかけて、マジックテープをくっつけて、ジッパーを開けてカバーを開閉してみる。

反省点が一つ。
ジッパーを縫いつけるとき、表と裏を逆につけてしまった。
若干開けにくいが、いまのところ不自由せずに使用している。

Img09

1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド