TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/21 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2961257 更新:2012年12月31日

「あがる三日月がふし」 おもろさうし


(C)TOSSインターネットランド/小学校高学年/国語/沖縄/おもろさうし      作成:金城貴裕(法則化音楽Beat)

「万葉集」を提示して音読する。

指示1:

ついてよみます。

東の野にかぎのひの立つ見えて(東の野にかぎのひの立つ見えて)
かへり見すれば月かたぶきぬ(かへり見すれば月かたぶきぬ)

指示2:

今度は、みなさんだけで。さん、はい。

「おもろさうし」を提示して音読する。

指示3:

えけ あがる三日月や (えけ あがる三日月や)
えけ 神ぎや金真弓  (えけ 神ぎや金真弓)

指示4:

みなさんだけで。さん、はい。

発問1:

最初の歌、後の歌、どんな違いがありますか?

指示5:

お隣の人と相談してごらんなさい。

指名して発表させる。(最初の歌は~で、後の歌は~です。)

発問2:

沖縄の人が作ったのは、最初の歌、後の歌、どちらだと思いますか?
最初だと思う人?(挙手させる。)
後だと思う人?(挙手させる。)

説明1:

正解は、後の歌です。
この歌は、おもろさうしと言います。
みんなで。(おもろさうし。)

指示6:

ノートに、「おもろさうし」と書きましょう。

説明2:

おもろさうしは、古代の沖縄の人々の歌であり、「琉球の万葉集」と言われています。

世界地図(アジア)を提示。(地図で地名を示す。)

説明3:

その当時、沖縄は大航海時代といって、世界中に船を出して、貿易をしながら栄えてきました。
行った国は、全部で3カ国、4カ国、5カ国。
遠く離れた奥地まで、出掛けていったのです。
その時に生まれた歌が、この「おもろさうし」です。

おもろさうし「あがる三日月がふし」を提示して、音読する。

指示7:

「おもろさうし」をみんなで読みます。

説明4:

「おもろさうし」の世界を、これから勉強していきましょう。

引用・参考文献
「おもろさうし沖縄古代民謡」(TOSS沖縄/新里誠氏の模擬授業案)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド