TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4727029 更新:2012年12月31日

「思いやりの輪を広げよう」 ―「あすという日が」復興支援ソング―


(C)TOSSインターネットランド/音楽/道徳/思いやり/小学校高学年      作成:金城貴裕(法則化音楽Beat)

スライド①表示

発問1:

女の子が泣いています。
あなたが男の子だったら,どんな言葉をかけてあげますか?

列指名する。答えさせた後,スライド②表示。

発問2:

この言葉は,どんな気持ち・どんな心ですか?

指示1:

ノートにかいてごらん。

列指名する。スライド③表示

指示2:

みんなで,赤い文字。さんハイ。(思いやりの気持ち・心)
そう。思いやりの気持ちって大切だよね。

スライド③表示。

発問3:

このようなポスターを見たことがある人?(挙手させる)

指示3:

赤い文字,みんなで。さんハイ。(復興支援ポスター)
復興支援ポスターと言います。

いくつかのポスターを紹介する。スライド④⑤表示。

説明1:

 3月11日に起こった,東日本大震災・大津波によって,たくさんの人命が奪われ,
大きな被害を受けました。

説明2:

東日本大震災のすぐ後,3月19日に,宮城県仙台市にある中学校で演奏会が行わ
れました。

スライド表示。

発問4:

この中学生の皆さんは,どんな気持ちで演奏会をしたのだと思いますか?

指示4:

ノートに書いてごらん。

列指名する。正解は告げず,次の語りを入れる。

説明3:

宮城県若林区にある八軒中学校の合唱・吹奏楽部は,全国大会にも出場する強豪
校ですが,学校が東日本大震災の避難場所に使われるなどの影響で,全国大会の
出場を断念しました。
生徒達は出場をあきらめ,必死にボランティアとして被災者の方々のケアに尽く
しました。その中で生徒達に芽生えたのが,「自分たちは何ができるのか。自分た
ちにできることから行動していこう。」という気持ちでした。

説明4:

自分たちにできること,それは歌うこと。生徒達は,本来であれば全国大会の舞
台に立つはずだった3月19日に,被災者の方々の前で「あすという日が」という
歌を歌いました。この歌は,全国大会の課題曲ではありませんでしたが,被災者
の方々を勇気づけるには一番良いと,自分たちで選んだ歌でした。

発問5:

この歌をきいた被災者の方々は,どんな気持ちになったと思いますか?

列指名する。

説明5:

「あすという日が」に込められた希望を照らす歌詞と,中学生のきれいな歌声に,
被災者のほとんどの人が涙を流したそうです。(スライド表示)

説明6:

この様子は,NHKのテレビニュースで,全国に伝えられました。(スライド表示)

説明7:

歌手の南こうせつさんの演奏会に,ゲストとして招待されました。(映像表示)

説明8:

八軒中学校合唱部の歌声を,もっと日本中に広めよう,思いやりの気持ちを届け
よう,という思いから,CDが制作されました。7月6日から販売されています。(スライド表示、CDを流す)

指示5:

みんなで歌います。(歌詞表示)

説明9:

今,自分にできることは何だろう?
思いやりの気持ちを届けるには,どうしたらいいのだろう?
このことについて,皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

授業後、子ども達に感想を書かせた。どの子のノートも、びっしり書いてあった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド