TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/22 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6043054 更新:2012年12月31日

夢のエネルギー核融合


日本は資源の少ない国である。過去、太平洋戦争、オイルショックと石油を輸入できずに困った経験がある。今後もこの不安はつきまとう。しかし、海水が資源である核融合が実現すれば、日本はエネルギー大国となることができる。夢のエネルギー核融合が実現に向けて、多くの日本人が努力しているのである。

発問1:

日本は資源の少ない国です。石油は何%輸入に頼っていますか?

・99.7%

発問2:

ほとんど輸入です。このため、過去3回輸入ができなくなり、困ったことがあります。1973年と1979年は同じ言葉が入ります。何でしょう?

・オイルショック

説明1:

ガソリンなどが不足し、日本中がパニックになりました。

発問3:

1941年は何ですか。

・太平洋戦争

発問4:

石油の輸入をストップされたことが開戦の理由です。このように、エネルギー問題は戦争に発展することだってあるのです。この太平洋戦争の10年後、新しいエネルギーの研究を始めていました。何ですか?

・核融合

説明2:

太陽が燃えるエネルギーも核融合。原子核が融合、ぶつかるときに出るエネルギーを利用します。燃料は重水素とトリチウムと言います。どちらも水素の仲間です。

発問5:

これらは地球上のどこから採れると思いますか。

発問6:

海水です。資源が海水から採れるよさは何でしょう。ノートに書きなさい。

・たくさん採れる。
・どこでも採れる。

わずか30リットルの海水から重水素が1g採れます。この1つが石油何リットル分に相当すると思いますか。ちなみに、日本人1人1日に約10リットル使います。

説明3:

9000リットル。単純計算で900日分のエネルギーです。しかも、海に囲まれている日本は燃料に困ることはありません。もし、核融合が実現すれば、日本はエネルギー大国になることができるのです。

指示1:

ここまでの感想を書きなさい。

発問7:

 しかし、実現には何年以上かかるといわれていたでしょう。

説明4:

1000年以上。難しい条件をクリアしなければいけないんです。

説明5:

その1つ。どちらの原子核もプラスの電気を持っているため、反発しあってぶつかりません。ぶつるためには、動くスピードをどうすればいいですか。

・速くする。

発問8:

そのためには、温度を高くしなければ行けません。太陽の中心は1500万度。地球上では何度必要だと思いますか。

発問9:

1億度。この温度を達成した国があります。どこですか。

発問10:

日本。茨城県那珂市。JT-60という実験炉で5.2億度まであげることができました。世界1の記録です。この日本の研究のおかげで1000年だった実現までの時間がどのくらいまで縮まったと思いますか。

説明6:

40年まで縮まったと言われています。現在、フランスのカダラッシュにITER(イーター)という実験炉が建設中で、さらなる研究がすすめらています。

発問11:

多くの国が研究に参加していますが、責任者はどこの国の人だと思いますか。

説明7:

日本。他にも約20人の日本人研究者が働いています。資源不足の日本を救う夢のエネルギー実現に向けて多くの日本人ががんばっているのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド