TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/23 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6039824 更新:2012年12月30日

わたしたちにできることは


飢餓で苦しんでいる子ども達の写真を提示しながら

説明1:

1、2、3、4、5 
1人
1、2、3、4、5 
また1人

説明2:

5秒に1人、世界中のどこかで子どもが命を落としています。原因は、風邪や下痢。私たちにとっては、すぐに治せる病気です。満足に食べるものがなく、栄養不足で風邪や下痢などの簡単な病気で、命を落としてしまうのです。食べ物がない状態が、何ヶ月も何年も続くことを、飢餓といいます。「飢餓」言ってごらんなさい。

「ハンガーマップ」(国連世界食糧援助計画(WFP)のHP参照)を提示

説明3:

世界中の多くの国が、飢餓で苦しんでいます。地図の赤や橙で塗られているところが、飢餓で苦しんでいる国です。日本はどこですか。指差してごらんなさい。

発問1:

飢餓の原因は何でしょうか。

指示1:

ノートに書きなさい。

説明4:

地震や台風、干ばつ、洪水などの自然災害です。

説明5:

もう一つ、人間が原因を作っていることもあります。人災と言います。
人災のもっとも大きなものは何ですか。
戦争です。
戦争で土地が荒らされ、働き盛りの人は戦争に狩り出されてしまいます。作物を育てるどころではなくなります。

説明6:

そして、飢餓で苦しんでいる国の多くは、自然災害と人災が重なって起きています。

国連世界食糧援助計画(WFP)の活動の様子を写した写真を提示

説明7:

そんな苦しんでいる人たちのために、世界中で行動を起こした人たちが大勢います。
この写真は、困っている人たちのために、食料を届ける準備をしているところです。
この様な荷物を、トラック何台にも載せて届けます。
もちろん、道がないところにも行きます。そのときは、馬や牛に荷物を載せて、歩いていきます。
戦争状態の中です。どこに地雷が埋められているか分かりません。命がけの仕事です。

航空機から、支援物資をパラシュートで落としている様子の写真を提示

説明8:

どうしても歩いて運べないときには、飛行機からパラシュートをつけた荷物を落として、届けることもあります。

子ども達に、食料を配っている様子の写真を提示

説明9:

届けられた食料が配られている写真です。

届けられた食料を食べている子ども達の写真を提示

説明10:

届けられた食料を食べている子ども達です。

発問2:

どのような人たちが、行動を起こしているのでしょうか。

説明11:

国連の世界食糧援助計画やユニセフの人たち、そして、世界中のボランティア団体の人たちです。

終戦直後、各国から支援物資を送られてきた日本の様子が分かる写真を提示

説明12:

私達日本人も、終戦直後はあらゆる物がなく、世界各国から援助をしてもらっていました。
今でこそ、日本は多くの国に援助をしていますが、60年ほど前は、援助を受けていた国なのです。、

説明13:

今、皆さんと同じくらいの子ども達が、食べ物がなく、とても苦しい思いをしています。
ですが、命がけで食糧を運ぶようなお手伝いはできません。

発問3:

では、私たちにできることは何なのでしょか。

指示2:

今私たちができろ手伝いを、考えてみましょう。
思いついたら、ノートに書いていきなさい。

100円で
1日生きるために必要な食糧・・・   3人分
1回分の学校給食・・・・・・・・・・・・   8人分
「経口補水塩」(ORS)・・・・・・・・・  12袋
「ビタミンA補給剤」・・・・・・・・・・・・ 330人分

説明14:

私達が100円を募金すると、
これだけのものを、飢餓で苦しむ人達に送ることができます。

説明15:

私達に今できることは何か、これから具体的に考えていきましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド