TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/22 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7079500 更新:2012年12月30日

総合的な学習でできるアイマスク体験の授業


参観日に学年全員、保護者といっしょにアイマスク体験を行う。
導入問題2問は、96年12月ツーウエイ臨刊「ジュニアボランテイア教育テキスト集」湊谷美樹治先生の追試である。

発問1:

横断歩道に目の不自由な人が立ち止まっています。 あなたは、どうしますか?次の3つから選びなさい。
 ①そのまま通り過ぎる
 ②手助けできることがないか声をかける
 ③手をひいて、いっしょに横断歩道をわたる

それぞれ挙手確認。理由も簡単に聞く。
②が正解であることを告げる。

発問2:

目の不自由な人が行きたいお店までいっしょに連れて行くことにしました。
どのように連れて行ったらよいでしょう?次の3つから選びなさい。
  ①手を引っ張る
  ②腕を組む
  ③肩を貸す。

実際に教師同士が前でやってみせる。その後挙手確認。
更に、子ども達同士でやらせてみる。
参観日ならお家の人にもやってもらう。
再度、挙手確認。

「③肩を貸す」がいいことを知らせる。
一番安心すること
その際に、声をかけながら一緒に行くことを教える。

指示1:

アイマスク体験をします。介助の方法は「肩を貸す」「声をきちんとかけてあげる」です。(お家の人もいっしょにやって頂く)  

行く場所を確認した後、2人1組でアイマスクを取りに来させる。私は危なくないように次のように行った。(全51名)  

(A組)
 ①多目的ホールの後ろのドアを開ける。
 ②コンピュータ室のドアをタッチする。
 ③階段を登って、自分のイスにすわる。
 ④階段を下りて、自分の席にすわる。 (交代)
(B組)
 ①階段を登って、自分のイスにすわる。
 ②階段を下りる。
 ③多目的ホールの後ろのドアをあける。
 ④コンピュータ室のドアをタッチする。(席にすわって交代)

帰ってきた子から感想を書かせ発表する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド