TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4152192 更新:2012年12月30日

十字軍の遠征「ゲルマン民族の移動から十字軍の遠征までを授業する」


騎士の絵を提示する。

発問1:

この人の仕事は何ですか?

発問2:

騎士は誰と戦うのですか?

(1)王 (2)農民 (3)外国の敵
当時のヨーロッパには様々な民族が食料を求めて攻めてきていた。

発問3:

騎士が戦えば戦うほど、儲かる人たちがいます。どんな職業の人たちですか?

商人、鍛冶屋、鉱山で働く人などである。武器や防具、食糧などを作る、売る、運ぶという仕事が増えるからである。

発問4:

騎士自身も戦えば戦うほど、儲かります。どうしてですか?

一つは戦利品である。金品はもちろんのこと異国珍しいものは高く売れた。もう一つは、褒美である。封土と呼ばれる土地をもらえた。彼らは戦っていないときは貴族と呼ばれていた。

発問5:

騎士たちに褒美をあげるのは誰ですか?

その国の王である。図を提示するとわかりやすい。
  王
封土↓↑軍役
  騎士

発問6:

このような関係を何関係と言いましたか?

主従関係である。鎌倉時代の御家人と将軍の関係と同じである。封建制とも言う。

発問7:

ヨーロッパと日本との違いは王の上に立つ権力です。日本では天皇でした。ヨーロッパでは王の上に立つ権力は何でしょうか?

ここは教科書(東京書籍)で確認する。92ページには、ローマ教皇を中心にしたカトリック教会が勢力を伸ばしたことが書かれている。

発問8:

騎士が戦えば戦うほど、教会は儲かります。どうしてですか?

各国の王が権威を預かろうと土地や金品を教会に送るようになった。
  教会
権威↓↑金品・土地
  王
封土↓↑軍役
  騎士

また、勝敗は教会への信仰の大小に結びつけることができる。
戦いが起こることで、世の中のお金の回りが良くなり、教会はさらなる権力を強めることができるようになっていく。世の中全体が騎士に戦ってほしいと思っていた。
ところが騎士たちが負けるという事件が起こる。ゲルマン民族の大移動である。ローマ帝国は滅ぼされ、新しくフランク王国という国が作られた。フランク王国が現在のフランス・ドイツ・イタリアの元になった国であることを確認しても良い。

発問9:

ゲルマン民族の大移動に対して教会はどうしたでしょうか?

(1)ゲルマン民族と戦った (2)ゲルマン民族を味方にした
教会はゲルマン民族にキリスト教を教え、教徒にしていった。ちなみにここで偶像が用いられる。異民族に布教する際にキリストやマリアの像があると便利だったのである。
  教会
権威↓↑金品・土地
 ゲルマンの王
封土↓↑軍役
 ゲルマンの騎士
しかし、教会がゲルマン民族を従えたことで攻めてくる敵はいなくなってしまった。戦う敵がいなくなってしまうと、主従関係は成り立たない。図の一部を消しながら提示すると分かりやすい。

発問10:

教会はどうやって解決したでしょうか?

ここで当時の地図を提示する。ヨーロッパのすぐ隣にセルジューク朝トルコが勢力を拡大していることがわかる。教会は「聖地エルサレムがイスラム教徒に奪われている、今こそ聖地を取り戻すべきだ」と主張する。

指示1:

93ページの地図でエルサレムの位置を見つけなさい。

指示2:

エルサレムを取り戻すために作られた組織を何と言いますか?教科書から探しなさい。

十字軍である。十字軍の遠征によって、王や騎士は多くの戦利品や土地を手に入れることになる。商人や職人もよりたくさんの武器を作り、売らなければならなくなり、さらにお金の回りが良くなってくる。また、商人にとっては東方への商業圏の拡大にもつながり、大きな利益をもたらした。教科書の内容を読んでも確認できる。

発問11:

教会の命令で十字軍は派遣されますが、実際に戦場へ行ったのは誰ですか?

王や騎士たちである。

発問12:

十字軍で騎士が戦えば戦うほど、権力が強くなるのは誰ですか?

実際に戦場で指揮をとっている王や上級の騎士たちである。帰ってくれば戦場の英雄として讃えられた。

発問13:

十字軍で騎士が戦えば戦うほど、権力が弱くなるのは誰ですか?

教皇、教会である。しかも、7回にわたる遠征でもエルサレム奪還はできなかった。教会には神がついているはずなのに、遠征は失敗。実際に戦場に赴き命がけで戦っているのは騎士や王である。

発問14:

人々はどちらに味方するようになっていきますか。

だから、この後、王の権力が強まり、絶対王政の時代がやってくるのである。十字軍の遠征がヨーロッパの封建制を崩壊させる一因になったことを抑えたい。
※騎士のお金儲けの手段として、相手の騎士をとらえて身代金を取ること、その結果、「なあなあ」の関係になり、国としての統一が阻害されたこと、さらには騎士自身の戦闘能力の向上に対する研究心が薄れ、イスラム勢力やモンゴルに敗れ去ることになったこと、などをエピソードとして紹介してもいい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド