TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/21 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5661573 更新:2012年12月30日

放射線の授業


指示1:

隣組を組んでご覧なさい。 相手の顔を見つめて、ウインクします。何らかの力を感じた人。

説明1:

ウインクが出来る能力人がいて
ウインクすることで生まれた光線が相手に影響を与えます。 
今日お勉強する「放射能・放射線」も同じです。

説明2:

 ウインク出来る能力が       放射能
 ウインクすることで生まれた光線が 放射線
と置き換えることができます。

発問1:

この放射線私たちの目には見えますか。

説明3:

そう見えないのです。

説明4:

放射線は見えません。だから恐怖が大きくなります。
ただし見えるようになる機械があります。
見てみましょう。(霧箱を見せる。)

発問2:

私たちの身の回りにある様々なものです。
ではこの放射能を持ったものは、いくつありますか。
正解は全部です。

説明5:

私たちの身の回りの多くのものが放射能を持ち、放射線を出しています。
人々は放射線を一年間「2.4ミリシーベルト」浴びています。

説明6:

昨年度このような事件がありました。柏崎刈羽原子力発電所の事故です。
この事件を受けて、この原子力発電所は運転を取りやめました。
この事故で漏れた放射線の量は0.000000002ミリシーベルトです。
イタリアでは次のような報道がされました。
・チェルノブイリの悪夢再来

発問3:

 「チェルノブイリの悪夢再来」という報道は事実ですか。

説明7:

それではこの報道に事実を入れ込んでみます。
「0.000000002ミリシーベルトの放射能漏れ。チェルノブイリの悪夢再来。」
 とてもおかしな文章になりますね。

説明8:

私たちの身の回りには様々な、「単位」があります。
キログラム、グラム、センチメートル、すべて単位です。
単位を知ることで、対象を正確に理解できるようになります。
分からないものを怖がるのではなく、「単位」に注目して
冷静に見てみると見てくるものがありますね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド