TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/18 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2220082 更新:2012年12月30日

給食当番の交代システムを明確に!


○準備するもの
 ・四つ切色画用紙
 ・厚紙(白表紙など)
 ・ツーダンクリップ(10~12個)

1,出席番号順に10人~12人程度のグループに分ける。

ここで学級が,3グループか4グループに分かれる。給食当番の札を白表紙で作り,名前と番号を書いておく。番号は給食エプロンの番号と同じである。

Image10

2,4つ切り色画用紙に「パン・ごはん」「大きなおかず」「小さなおかず」「牛乳」「食器」と書いて白表紙(頑丈な台紙)に貼っておく。

パソコンで美しく仕上げてもよい。また,ラミネート加工すれば半永久的に美しく使える。

3,係りの下にツーダンクリップで名前札を挟んでおく。

システムは,ここからである。最初は,1番から10番まで順番に右から名前札をはさんでいく。
 次の当番がまわってきた時,一つずつずれていく。

 上の写真で言えば,「高倉1」「高群2」がパン・ごはんの担当だったのが,次の当番の時は「高倉1」と「内藤10」がパン・ごはん担当になる。同様に,「高群2」と「竹下3」が大きなおかずの担当となる。

 一つずつずれるメリットは,一人が必ず前と同じ仕事なので,教えあいながらできる,という点である。またずれるのが一つずつなので次が何の担当だったかわかりやすい,という点もある。

 教師は,間違えないように,次のグループになるとき,一番右から順番にきちんと名前札を重ねて片付けておくとよい。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド