TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/17 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9175335 更新:2012年12月30日

フラッシュカードのめくり方


(1)持ち方のポイント

①ぱっぱっとめくりやすい持ち方をする。

②カードいのイラストを手で隠さないようにする。

③カードが傾かないようにする.

・利き手と反対側の手で持ちます。
・親指と人差し指の付け根にカードの真ん中がくるようにのせます。
・利き手でめくります。
・めくるときに、イラストが手で隠れないようにします。
・カードを持っている手を胸につけるようにし、
・カードが揺れないようにします。
・しっかりとカードを支えてカードが傾かないようにします

※カードの後ろの持つところと、めくるときにもつところにセロテープを貼っておくと、すべりません。 
※指サックを使うこともおすすめです。

(2)めくりかたのポイント

①後ろから前へめくる。

②横からではなく、上から通す。

③すとん、すとんと落とす。

・カードの上部の真ん中を持ち、後ろから前へめくります。
・そうすると、後ろの文字が見えます。

(3)めくる位置のポイント

こども全員が教師の顔と口元が見える位置でめくる。

・顔の横でめくることで、子どもたちは教師が発音する際の口元とカードのイラストを同時に見ることができます。
・特に利き手と反対側に座っている子どもまで見えるように注意します。
・端に座っている子どもまで見える位置まで下がります。

(4)めくる速度のポイント

2回→1回→0回を19秒でめくる。

・第1声から「Very good!!」のほめ言葉まで、19秒でめくるスピードが適当なスピードだと言われています。
・ただし、単語の習熟の程度や、子どもの実態に合わせます。
・0回の子どもだけで言うときには、少しスピードを遅くすると、子どもたちが発音しやすいです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド