TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/02/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8248335 更新:2012年12月30日

暑中見舞いの書き方


説明1:

先生のところに,いいものが届きました。

ハガキ(暑中見舞い)を出す。
ハガキ(暑中見舞い)の中身を,読んで聞かせる。

発問1:

このようなハガキのことを,何といいますか。

説明2:

夏の暑い季節に,相手の健康を気づかっておくるハガキを暑中見舞いといいます。
今日は,暑中見舞いの書き方を勉強します。

黒板に,「季節のあいさつ」の部分を板書する。

指示1:

読みましょう。

説明3:

この部分を,「季節のあいさつ」といいます。

黒板に,以下を板書する。

□季節になりました。(□は長い四角にする。)

指示2:

□の中に言葉を入れて,季節のあいさつを書きます。
一つ書けたらもってきなさい。

もってきた順で数名に,板書させる。
思いつかない児童には,板書を参考にさせる。
板書したものを,評定する。
評定の基準は,以下とする。

「暑い」という言葉を使わず,「夏」を表している →A
例「アイスクリームのおいしい季節になりました。」
「暑い」という言葉を使って,「夏」を表している →B
 例「毎日暑い季節になりました。」

説明4:

「夏」「暑い」を使わなくても,夏がイメージできる文は,とても上手な文です。

指示3:

もう一つ書きます。
書けたらもってきなさい。

もってきた順で数名に,板書させる。
先ほどの基準で,評定する。

説明5:

みなさん,とっても上手に書くことができました。次の時間は,続きを書きましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド