TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/23 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8013955 更新:2012年12月29日

採用試験対策~小論文の書き方~


1 論文と作文の違い

論文・・・与えられた条件から一つの結論を導いていく文章
作文・・・感受性をアピールし、文体に工夫を凝らし、読む人の心をひきつける文章

富山県は「作文」なので、自由に表現して構わないが、型に沿って書くほうが書きやすく、また主張も読み手に伝わりやすい。
限られた時間の中で、分かりやすい文章を確実に書けるようにするには、型を使って書く練習をすることを勧める。

2 合格論文とは

前文(序論)(起)・・・・・出題意図をきちんと読み取っている
本文(本論)(承・転)・・・具体的な解決策を述べている
結文(結論)(結)・・・・・おのれをきちんと見つめている

全体として
①字がていねいに書かれている(乱雑だと、内容以前に最低の評価をされる)
②誤字がない(誤字は致命的。教員としての資質が疑われる)
③基本的な原稿用紙の使い方を心得ている

3 勉強法

① 現在の教育課題の資料を読む
     (文部科学省、富山県教育委員会のHPもチェック)
② 本文で述べる解決策を整理しておく
     (体験エピソードをもとにして、教師として大切にしたいこと・教育信条をまとめる)
③ とにかく実際に書いてみること
     ・時間配分に慣れる ・字数感覚に慣れる ・原稿用紙の使い方に慣れる
     ・いろいろなテーマで書いてみる
      (教育課題に関するもの・指導に関するもの・教師論に関するもの・抽象的なもの など)
④ 書いたものを人に読んでもらう
      (友達、教官、教員、校長など、複数の人に読んで指摘してもらう)

4 書くときの手順とポイント

① 原稿用紙に字数の目安をメモする

<800字の場合>
     序論 100字
     本論 600字(300字×2)
     結論 100字

② 題意を把握する

熟読する 
意味をつかむ(聞かれていることは何か)
意図をつかむ(なぜこのテーマが出題されたのか)

③ 構想を練る  (①・②・③で約15分)

頭に浮かんだことを単語でもよいのでメモする 
メモをもとに取捨選択をする
構成を決める

④ 筆記する   (約40分)

落ち着いて、ていねいに書く

⑤ 読み直す   (約5分)

表記に誤りは無いか
読みにくい、わかりにくい表現は無いか
挿入文や削除文は5字以内程度

□ テーマに正対して書く。
□ 主語と述語の関係を正しくする。
□ 一文は短くする。
□ 文体は統一する。(常体「~である。」が望ましい)
□ 教師としての熱意、意志を表す。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド