TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/03/24 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4717424 更新:2012年10月07日

新学期に向けた春休みの準備〜書類・資料の整理『5カ条』〜


◆ ”新学期に向けた春休みの準備~書類・資料の整理『5カ条』~”は次の通りである。

◇第1カ条   机にしまう資料は、『必要最小限』

→ 学校PCの中にある資料,インターネットなどでいつでも取り出せる資料は、”持たない”に限る。
→ 机の中をすっきりと整理して、モノを探す手間を省ことが肝心。

◇第2カ条   授業資料の分別をする

→ 春休みに資料の整理をしておくことで、教材研究の時間短縮につながり、有効に使える時間が増える。
→ 資料は、『どの学年でも使うもの』と『担当学年で使うもの』に分ける。

〈 例 〉
(1)『どの学年でも使うもの』
   ① 道徳の資料(「わたしのいもうと」・「井上美由紀さん」など)
   ② 図工の資料(「ネガポジ」・「しゃくとり虫」など)
   ③ 有名向山実践(「口に2画」・「跳び箱指導」など)

(2)『担当学年で使うもの』
   ① 担当学年の向山実践
   ② 各教科分の先行実践
   ③ 欠席連絡・アンケート類・ノートコピーなど確実に使うもの
   ④ 校内にある「生活科」「総合」の資料は要チェック!

◇第3カ条   大事な資料は、『1冊のノート』に!

→ 「よく使う情報」「大事な情報」を『1冊のノート』にまとめると、いつでもどこでも素早く情報を取り出すことができる。

◇第4カ条   各種名簿は、春休みに『1年分』

→ 春休みの時間を利用して、児童名簿などのゴム印を押しておくと、有効に使える時間が増える。
→ 同じ作業を続けた方が作業に慣れ、時間効率が上がりやすい。

◇第5カ条   クラス名簿は、『1種類』

→ 用途ごとに数種類作って使い分けるのも一つの方法であるが、‘自分にとって使いやすい’『1種類』を1年間使い続ける方が、探す手間やどれを使うか考える手間が省け、時間の有効利用につながる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド