TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/16 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8909502 更新:2012年12月29日

はかるくんを使った放射線の学習


「はかるくん」の具体的な放射線数値から判断する授業

説明1:

東日本大震災直後の福島第一原発の水素爆発により、放射線に関する混乱が生じた。子どもたちに具体的な場所と数値を知らせ、確かな情報から、今度どのように屋内外での活動をしたらよいかを考える授業を授業参観で行った。4年生で実施。

発問1:

「放射線」「放射能」という言葉を聞いて、思い浮かぶことはなんですか。プリントに書きなさい。

プリントに書かせ、指名なし発表。
子どもたちの放射線・放射能のイメージ。(一部のみ)
① 死ぬ。あまり外に出られない。
② 私は、「放射能」と聞くと、なんだか体を守らなきゃと思います。そして、放射能を浴びたとテレビを見て、死んだ人がいると聞いたので、とても放射能、放射線が怖いです。
③ 体に悪い。はやくなおって外であそびたい。
④ 最初は、こわくないなと思ったけど、放射能がテレビではやってきたから今はこわい。
⑤ セシウム、ストロンチウム、ウラン、ラドン、目にみえない物質。
⑥ 放射線は目に見えないから、いつどこであびるか分かんないからこわいです。
⑦ 最近、放射線とかをよくニュースでやっていてこわいです。
⑧ 心配です。放射能でかみのけがぬけるのが心配。
⑨ 大人になってから、病気になりたくない。こわい。
⑩ 私は、放射線というものをきいて、毎日マスクだし、雨の時や雪の時、肌をあまり出しちゃいけないので、とってもいやです。お母さんが言っていたんだけど、1時間外にいると1年分、放射線を浴びてると言っていたので、とてもいやです。
⑪ 見えなくてこわいけど、100ミリシーベルトをこえなければだいじょうぶ。

①レントゲンで使うもの。
②生活の中で使う便利なところもあるが、一定の量を超えると害を及ぼす。
③目には見えず、においもない。
④鉛で防ぐことができる。

説明2:

懐中電灯に例えると、放射線は懐中電灯から出る光。放射能は、懐中電灯と考えることができます。

懐中電灯と光を板書し、説明した。

発問2:

放射線を測る機械を借りてきました。教室の中の物を測ってみましょう。

注意点として、
①「+」印の前に測りたいものを置くこと。
②置いてから1分待つこと。
③「はかるくん」を持って移動するのではなく、測りたいものを「はかるくん」の前に移動させること。

発問3:

外から、こんなものを持ってきました。これも測ってみましょう。

校庭の土、プールの水、水道の水などを用意した。
実際の数値は、以下の通り。
①教室 約0.1マイクロシーベルト(以下、μSvに略)
②ケースに入れた校庭の砂 約0.2μSv
③プールの水 約0.1μSv
④水道の水 約0.07μSv
⑤校庭(金曜日の画像) 約3μSv
⑥昇降口(金曜日の画像) 約0.7μSv
また、資料にあった「花崗岩(大理石)」「船底塗料」を測った。震災になる前から、身の回りには、発する放射線量が多いものと少ないものがあったことを確認した。

発問4:

放射線は、水や鉄などで防ぐことができます。そのことを実験で確かめてみましょう。

若干放射線量の多い(0.7μSv)船底塗料を使い、アクリル、アルミ、ステンレス、鉛の4種類で遮蔽実験を行った。鉛の遮蔽能力が高いことを確認。(0.7→0.4)
ここで、例えばということで計算をした。大目に見積もって、
①外に3時間いるとする →3μSv× 3時間=9μSv
②屋内に残り21時間いる→0.2μSv×21時間=4.2μSv
③1年間の積算放射線量 →13.2μSv×365日=4,818μSv
④1mSv=1,000Svなので、4.8mSv
 3時間まっぱだかで外にいるということは、考えられないので、この数値は、大目に見積もったものであることを説明する。

今、計算した数値がどのくらいの意味なのかを資料から確かめましょう。

(資料は、経済産業省資源エネルギー庁『解説「日常生活で受ける放射線と人体影響」』からhttp://www.enecho.meti.go.jp/rw/hlw/qa/pdf/sanko02.pdf
)をカラーコピーして配布。

説明3:

一般公衆の線量限度は、1mSvです。でも、ブラジルのガラパリというところに住む人は、年間に10mSvです。今調べた4mSvは、その半分以下です。また、CTスキャンは、1回受けるだけで6.9mSvになります。資料では、200mSvでは、臨床症状は確認されていない。つまり、これまでの世界の報告の中で、200mSvで病気の症状は出ていないと言うことです。また、原発事故で現在働いている人の限度は、250mSvとなりました。以前は、100mSvで、さらに500mSvに引き上げられようとしています。

ここで、私が4月9日にいわきに行ったときの数値を見せた。
 三春PA(0.52μSv)、阿武隈高原SA(0.32μSv)、差塩PA(0.37μSv)、アクアマリン前(0.26μSv)、三崎公園(0.23μSv)、いわき自然の家(1,98μSv)、四倉PA(0.71μSv)。

指示1:

今日の授業の感想を書きなさい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド