TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/24 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3081473 更新:2012年12月29日

エネルギーの変身


 私たちの身の回りは、エネルギーであふれている。手をこすると、熱くなる。手をこすり合わせるという運動エネルギーが熱エネルギーに変わります。また、高い位置から低い位置に転がり落ちるのは、高い位置にあることそのものにエネルギーがあるからです。これを位置エネルギーといいます。ものがころがり落ちるというのは、位置エネルギーが運動エネルギーにかわっているわけです。
 ところで、私たちが利用している最も便利なエネルギーは何でしょうか。それは電気エネルギーです。電気エネルギーは、熱エネルギーをはじめ、光エネルギーや運動エネルギーなど、さまざまなエネルギーに変換してつくります。石油などの化学エネルギーは、直接的には、熱エネルギーと光エネルギーにしかなりません。電気エネルギーは、さまざまなエネルギーに変換できる高級なエネルギーといえます。
 本授業では、エネルギーの変化と、電気エネルギーが運動エネルギーによって生まれることについて授業します。エネルギーの授業の導入で行う授業です。
 授業の最後に使うエネコンパズルシールという教材は、九州エネルギー懇話会から無料配布されています。次のアドレスに問い合わせると、無料で送っていただけます。
 また、授業で使う手回し発電機も、九州エネルギー懇話会から、無料で借りることができます。上記アドレスに、お問い合わせください。
               九州エネルギー懇話会 enecon5@iwk.bbiq.jp
 授業の最後には、観光立国教育の一環として、九州の発電施設の見学について触れます。発電施設の見学ももちろん無料です。
※ 授業コンテンツへは、下記リンクより。

指示1:

両手を出します。せーの。

一丁締めのように、手をたたく。

発問1:

何が出ましたか。

指示2:

音が出ます。これを音エネルギーといいます。言ってみましょう。

発問2:

このように、手を動かすのは、何エネルギーというでしょうか。

運動エネルギーである。でなければ、教師が言う。引っ張らない。

指示3:

先生の後に続いて言います。「運動エネルギーが音エネルギーに変わった」。

発問3:

このように、手をこすり合わせるのは、何エネルギーというでしょうか。

運動エネルギーである。

指示4:

では、超スピードでこすってみましょう。はじめ!

指示5:

やめ!どんな感じがしますか。

「熱いです」という答えが予想される。

発問4:

熱くなった。これは何エネルギーでしょうか。

指示6:

先生の後に続いて言います。「運動エネルギーが熱エネルギーに変わった」。

発問5:

ボールを、高い位置に持っていきます。手を離すと、どうなりますか。

発問6:

これは何エネルギーでしょう。

説明1:

高い位置に持ち上げるのを、位置エネルギーと言います。

指示7:

先生の後に続いて言います。「位置エネルギーが運動エネルギーに変わった」。

説明2:

電池からは、電気エネルギーが出ています。

発問7:

電球からは、何エネルギーが出ていますか。

指示8:

先生の後に続いて言います。「電気エネルギーが光エネルギーに変わった」。

発問8:

電気は、今、この場で作れると思いますか。

説明3:

この手回し発電機を使って電気を作ることができます。やってみたい人。

子どもたちに実際に手回し発電機を回させる。

発問9:

何エネルギーが電気エネルギーになったのですか。

指示9:

先生の後に続いて言います。「運動エネルギーが電気エネルギーに変わった」。

発問10:

ドライヤーは電気エネルギーで動きます。ドライヤーは電気エネルギーを何エネルギーと、何エネルギーに変えていますか。

発問11:

私たちの身のまわりには、たくさんの電化製品があります。「□は、電気エネルギーを□エネルギーに変える。」

指示10:

□に入る言葉をノートに書きなさい。

発問12:

私たちの身の回りには、たくさんの電化製品があります。これらを動かす電気を全部作るためには、どうしたらいいと思いますか。

説明4:

こんなに大きな発電機を回しているんです。

発問13:

この大きな発電機は、この手回し発電機何個分の電気を作ることができると思いますか。

11億8千万個分である。

説明5:

こんなに大きな発電機をどのようにして回しているのでしょうか、その様子を見学できる場所が、九州にはこんなにたくさんあります。見学に行ってみましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド